村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【あらためて「マンション管理の常識」を見直すと・・・ 1】年が変わっても昔からの常識は今までと同じように通用するのだろうか

お住まいは戸建てですか、それとも・・・と聞いて大ざっぱに話が展開したものだが・・・

 この頃はあまり顔を出さなくなったが、年が変わるこの時季は何かと集まりで初対面の人と会話をする機会が多い。

 初めて会ったばかりの人と向き合うとあまり共通の話題がないが、幸いにして住宅やマンションの関係の集まりの場合であれば《お住まいはどちらですか》と聞くと、そこそこに会話のきっかけがつかめる。

 地名を聞けば、ごく自然な形で住宅やマンションに話題を持っていけるからだ。

 「お住まいは・・・」と問いかけると大抵の人は大ざっぱに地名をあげて「○○です」と答えるから、その地名でおよその見当がつく。これで話のきっかけができれば「あ、なるほど」とか何とか意味不明の相槌を打ちながら《戸建てですか、それともマンションですか》と聞いて会話のイメージを絞っていくことができる。

 でも、このやりとりができたのは、戸建てとマンションという住宅スタイルの対比で誰にも共通するイメージがあったからだ。

 以前は住宅双六といったイメージがあって、上りは「庭付き一戸建て住宅」だった。この語り方にはマンションにも戸建て住宅にも定型化されたイメージがあったものだ。

 だが、この頃は、ちょっと違う。

 向かいあってやり取りしている同士が頭の中で考えている戸建てとマンションのイメージが必ずしも同じようなものとは限らない場合が多くなってきたからだ。

 特に、マンションは規模の大小、経過年数の新旧を考えると、もはや単純な言い方ができなくなったと思う。

言わず語らずのうちに新築か中古かを探る微妙な展開が自分の住まいの光景を決める・・・

 戸建てかマンションかの区別に話が展開すると、その先が微妙な展開になる。新築か中古かの違いがあるからだ。集合住宅でも一戸建て住宅でも、今や新築か中古かの違いでそこから先の話の進み方が微妙に違ってくることになる。

 マンションの場合は、物件の場所や建築時期で、ここから先の展開がさらに細かく決まってくる。戸数や階数がはっきりすると、もっと話の展開が大きく変わる。場合によっては、管理の様子や建て替えなどにまで話が及ぶ。

 そうした会話の展開は、対話の相手が分譲マンションに持っている関心の度合いによってかなり違う。戸建てにはないマンション特有の生活感覚をどの程度に持ち合わせているかによって、それまでの《どうでもいい》といった取り留めのなさが現実的な共鳴感に絞られていく予感を帯びてくるからだ。

 マンションのイメージに共有できる見込みがありそうだと思わせる感じになると、話の展開によっては、お互いの持っている《住宅への関わり方》も分かってくる。いま住んでいるのが持ち家か借家か、今のところには何年ぐらい住んでいるのか、今の住まいにこれからも永住するのか、それとも・・・といったことにまで話が及ぶことだってある。

 こんな会話を重ねるほどになると、初対面だった相手との距離がぐっと近くなってくる。会ったばかりの人への親近感が生まれてくるという思いがけなさが、こうした会合への期待を大きくする。
                   ☆
 住まいへの関わり方、とりわけマンションなのか戸建て住宅なのかによって対話の展開は一変するのは、当事者としての関わり方が感覚的にまるで違うからだ。住んでいる当事者としての関わり方という意味では、マンションと戸建て住宅との形態的な違いに加えて、住んできた居住年数の長さも大きく関係する。

 新築か中古かという物件条件は、実は、生活感覚の深さや幅の広さを浮かび上がらせる指標にもなるからだ。

 新築か中古かを意識しながら住まいをどんな言葉で語るかによって、暮らしてきた年数の長さがきわめて自然な形で浮き彫りになってくる。

 特に、壁や床を隔てただけの至近距離で多くの人と生活空間を共有するマンションでは、そういう感じになる。

 例えば、年末年始のマンションのゴミ置き場を考えてみるだけでいい。

 《人が生きていく》というのは、実は《ごみを生みだしながら生きていく》という意味にほかならない。それほど住まいにごみの問題は表裏一体なのに、建前やルール、仕組みの上では、具体的なことが何も示されていない。

 標準管理規約の別表の中に「ごみ集積所」という言葉が出てくる一例を除けば。

「自分の言葉で自分の住まいをどのくらいまで語れるか」―この問いかけの常識感覚が難しくない人はどのくらいいるだろうか

 「住む」ことは「生活する」ことに裏付けられなかったら、意味を失う。住んできた年数の長さは生活してきた年月の長さで支えられてこそ意味を持つ。さらに、もともとは個人レベルの意味だけだった「住む」という言葉に、生活展開の背景となる居住環境というバックグラウンドの意味を重ねると、それなりの広がりを持つエリアの変遷が経過年数によって一場面のシーンとなって、えも言われぬ現実感を持ち始める。
 ・・・・
 自分の住まいが過ごしてきた年数は、そこに生きてきた人間の物語でもある。物語の展開はどんな場所に住んできたかというステージによっても大きく異なる。

 自分の住まいを、どんな言葉で、どう語るか。

 簡単ではない難しさがあるが、時間をかけながら、答探しをしなければなるまい。

 《当り前》の一語でわかっているつもりだった常識を、あらためて見直したい気持ちが、今さらにして強くなってきた。

 齢甲斐もなく・・・。

| muraitadao | コラム | 06:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 41】マンションの越年でこれまでの記録が大事だと気づいた人はどのくらいいただろうか

マンションが新しいうちは管理組合が開店休業状態でも困らなかったが あっという間に10年が過ぎて・・・

 今年は、5年ごとに回ってくる管理組合役員の当番階の年だった。だが、87歳という年齢になると、正直なところ、もうそろそろ・・・と思う。体調に特別の変わりはないが、何をしても疲れやすくなったのは確かだ。

 長年取り組んできた管理組合組織活動への側面協力も、このあたりで納めにしたいというのが本音である。

 幸せなことに、この齢でも普通の生活を過ごしているし、管理組合のルールに年齢の条件など、どこを探してもまったく出てこないから、何歳になれば役員を引き受けなくていいという理由などみつからない。

 なまじ年齢などに対応する仕組みを取り入れていたら、高齢化社会で長寿命のマンションを管理できる見込みがなくなってしまうと早くも気づいた人がいたのに違いない。はるかな遠い昔、マンション管理の仕組みを考えた人の先見性に驚き、敬服する。

 このままだといずれ、管理組合の理事会に100歳の老人と18歳の若者が隣り合って意見を述べるマンションが珍しくなくなるかもしれない。

 何しろ、管理組合は区分所有者の団体だという、いとも単純にして明快な考え方のルールがあるだけなのだ。持ってさえいれば、何歳だろうと、どんな人だろうと、いっさい決まった条件がないのだから、これはわかりやすい。

 それはともかくとして、45年も住んできた実感で言えば、600戸のマンションに住む大半の人は、それほど管理組合の仕事に熱心でなく、さりとて非協力的でもないという実感がある。

 だから、役員選びの時も自分から進んで手を上げるような人が少なくて時間はかかるものの、結局は、何とかなる。それなりの時間が過ぎれば、大部分の人はどれかの役割を引き受けて、何とか次年度の役員決定のおさまりがつくのが普通だったから。

 自分から進んで引き受けるほどの熱意はないが、居住者である自分自身と関わる役目の意味は心得ている。だから、自分がその関わりの確認を求められた場合はそのまま受け入れるという消極的な感覚がいつもみんなにあった。

 入居したときはまだ40歳代前半。マイホーム、マイホームという掛け声の一端をかついで一番よく働いていた時期だった。大抵の人と同じように、マンションはただもう寝て帰るだけの場所だった。

 誰も彼もが、そんな気分で動き回っているうちに、毎日がどんどん過ぎた。あのころは時間の過ぎ方が早かったなぁ・・・と思う。

 そんな中でも、《マンションは管理を買え》などという意味不明の言い方を訳知り顔で誰かがいうのを聞くことがあったが、《え?それが、どうしたって?》という程度の感じでおしまいになった。管理組合とか区分所有という言葉の実感は、まるでなかった。

 何でもそうだが、管理という考え方にはモノを所有する実感を裏付ける重さがあるはずだが、持ち物が新しいうちはそれほどピンとくる実感がない。まして共有建物であるマンションでは住み始めた当初から自分一人の単独所有ではないという意識があったから、管理が自分と関わるなどという自覚は誰にも薄かったと思う。

 世が世なら、もともとは一戸建て住宅に住みたかったが、こと志と違ってマンション住まいで妥協している・・・。

 その意味で、今はもう死語に近くなった「マイホーム」感覚が、いつもマンションの居住感覚の真ん中にあった。

建物の全体像抜き自分の住戸だけがマンションだった時代のマンションは住宅双六の通過点でしかなかった

 一種の屈折したこの感覚がマンション管理の自覚を妨げる結果となったのは、否定できない。マンションがマイホームという言葉で語られていた時期は、専有部分となる玄関ドアの内側だけが頭にあり、大抵の人にとって自分の住まいとしてのイメージではマンションも一戸建て住宅も同じだった。

 こんな居住感覚の時代は、マンションは専有部分だけが念頭にあったから、共用部分は頭の中に浮かばない。マンションが大きな建物の全体像イメージで思い浮かべられることがあっても、それは正面玄関ホール、廊下、階段など自宅までのごく限られたスペースだけだった。長い間住んでいても、まだ足を踏み入れたことがない未知の空間が誰にも必ずあった。でも、それを不思議にも思わなかった。

 毎朝、玄関に迎えの黒いハイヤーが来る霞が関の偉い人も昔は住んでいた。のちに政府の高官になったと聞いて、あ、なるほど・・ね、と思った。あんな人でもやっぱり管理組合のメンバーなのかなぁと思った不可解さも覚えている。

 管理組合は、機会さえあれば、自分もいずれは一戸建てに・・・というイメージが多くの人の頭の中にある組織だった。

 今はもう死語になったと思うが、昔「住宅双六」という言葉があった。人の一生を住まいの面から考えて、結婚したらまず賃貸アパート、子供が生まれたら賃貸団地、それから賃貸マンション、それから分譲マンションを経て最終的なゴールは庭付き一戸建て住宅という展開で、そのイメージは平均的な日本人すべてに当てはまる人生コースそのものだった。

 分譲マンションは、そうした住宅コースの通過点だった。口にこそ出さないが、誰にとってもマンションは一戸建て住宅を目指す途中で通過するだけのものだったから、何年も分譲マンションに住んでいると甲斐性がないとか、よほどの信念があるかのどちらかだろうというのが通念だった。

 引っ越して出ていく人にはゴールを実現した人へのかすかな羨望を交えた視線が向けられたものだった。年数のたったマンションは、もはやマイホームではなくなっていた。

やがてバブル。売り出した会社は姿を消し、竣工後の居住者が増えて マンションの昔は年ごとに遠くなっていった

 45年の間にバブルが起こって、消えた。マンションの分譲会社も姿を消したし、居住者もすっかり変わって、竣工当初からの居住者は絶滅残存危惧種と化した。

 だから、かえって45年住み続けてきた今の居住実感は貴重だと、つくづく思う。年月が過ぎたマンションでは物事がどれほど変わるかをいろいろな形で嫌になるほどじっくり見せてもらってきたからだ。

 45年経ってわかったこと、ほかの人にもぜひ伝えたいことは、もう本当に限りがない。

 マンションは長寿命の建物だが、住んでいる人間の方はまるで違う。建物はそれほど予想を超えて変わることはないが、人間の方はまるで違う。やや年月の経過を見せながら建ち続けるマンションで、人間の方は予想を超える変わり方を見せた。

 今のマンション管理の仕組みも、いずれ変わらざるを得まい。変わらなかったら、どうなるか。放置されて無人化し管理どころではなくなったマンションの実情も、この秋のブログに書いた。

 そんなことも記録があればこそ、何とかなる。

 この時期に、そんなことを考える人は、いまどのくらいいるのだろうか。

| muraitadao | コラム | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 41】マンションの12月は管理の正直な素顔が現れるシーズンではないか?管理組合にとっても管理会社にとっても

○○号室に住んでいる人は何という名前ですか?

 マンション正面玄関の光景には、そこに住む人が管理をどう考えているかが正直に浮かび上がっているような気がする。

 ○○号室には何という名前の人が住んでいるかという当たり前の事実を誰にもわかるような形で示すというのは、マンションがマンションとして成り立つための基本条件である。ビジネスビルと違ってマンションの本質は人の住まいなのだから、そこには必ず誰かが住んでいるという状態の表示は当然の話だ。

 だが、この頃は必ずしもそうとは言えなくなったようだ。マンションに住んでいる人自身が名前を出さないようにしようという風潮が強くなってきている。

 こんな風潮の生まれる原因は、はっきりしている。名前が個人情報だからという理由だけで、とにかく名前を出さずにすませよう、名前はできる限り出さない方がいいと考える人が多くなっているからだ。

 名前が個人情報だというのは、当たり前のわかりきった話である。集合住宅で住んでいる者が自分の名前を出すのも、今さらいうほどもない常識だ。

名無しの権兵衛でもあるまいし、住宅に自分の名前は出すのは当たり前。名前が出ていなかったら、あのウチはきっと何か人に言えないワケがあるに違いないと誰もが思ったもの・・・

 集合住宅であろうと一戸建て住宅であろうと、自分の住まいに自分の名前を出すのは常識中の常識だった。マンションが一戸建て住宅に代わる住まいとして登場した半世紀前の昔から今もこの常識は変わらない。

 無人の空き家やワケあって人目をはばかる隠れ家でない限り、住宅に名前を出すのは当たり前の話だった。

 子供のころ「○○寓(ぐう)」という表札の家を見かけることがあった。もともと「寓」は人の住まいの意味だから「安倍太郎」とか「麻生二郎」とかフルに氏名を書けばいいのになぜそう書かないのかと、いつも不思議だった。

 ずっと後になってから、それは「名前を書けないワケがあるからだ」と聞いて少し納得した。

 やがてそのワケはわかったが、人に知られたくない事情があっても無人の空き家ではなくて、れっきとした人の住まいであることを示す表札は欠かせないもので、住まいに氏名を全部出せないことがあっても苗字だけは表札に出すものなのだと、子供心に思っていた。

 だから、表札がない家なのに誰かが住んでいる様子があったりしたら、あそこは、きっと何か表に名前を出せないようなよくよくの事情があるのに違いないと単純に決めていた。自分の住まいには自分の名前を出すものなのだから、名前を出さないウチは何か特別の事情があるのに違いない・・・。

 マンションだって人の住まいだから、そこは同じはず。

 そう考えてきた。

 今も、そう考えている。

隣の人が誰だかわからないマンションはホテルと同じ。実質的に賃貸マンション化した名ばかりの分譲マンションでは…

 何も問題のいないマンションなら近隣の人と同じところで朝晩いっしょに過ごしていても、短期間なら隣の人の名前がわからなくても別に困ることはない。

 ホテルで隣り合った部屋に泊まるのと同じだ。隣の部屋に泊まっている人の名前など知らなくても、いずれどこかへ行ってしまうのだから、いちいち気にする必要もない。同じところで過ごす期間が短ければ会う機会が少ないし、まして共通する生活条件などもないからだ。

 隣に誰がいようとかまわないし、それは逆に隣から考えても全く同じである。
                   ☆
 だが、マンションはそこが違う。

 ホテルは泊まるところだが、マンションは住むところだからだ。

 ホテルは借りた空間で生活条件の確保も他人任せだし限られた期間だけ借りて使う場所だが、マンションは生活条件の確保は自分が持ち主として何とかしなければならない場所だ。自分が何とかすることもできなかったら、費用を払ってどこかに頼まなければならない。

 その場合も、自分が持ち主であることにはまったく変わりがない。

 お金を払って泊まるホテルと、持ち主として住むマンションは、ここが違うというだけのことだが・・・。

 でもこの違いがわからなかったら、住む人の感覚はホテルと同じになる。そうなれば、分譲マンションとは名ばかりで、実質的には賃貸マンションと化してしまうはずだが・・・。
                   ☆
 住んでいる人の名前がすぐわかる状態のマンションは、そういう状態を確保している人がいる。

 必要なら名前を出すことを知っている人が、住んでいる。

 名前がわかるのは約束事があって名前を聞く人には誰もが名前を知らせるからだ。

 そうしなければ住みにくくなる仕組みがあるからだ。

 住んでいる人は誰もがその仕組みを知っているからだ。

 その仕組みが、そうしなければならない約束事と必要なお金の支払いで成り立っているからだ。
                   ☆
 マンション管理とは、結局のところ、そういうことではないか。

| muraitadao | コラム | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 40】マンションを一戸建て住宅の代替と考える発想はもうなくなったのだろうか、それとも、まだ、どこかに・・・

思えば、最初の大規模修繕工事がマンション管理という課題の底知れぬ重さを痛感するきっかけだった

 住み始めて10年を過ぎたころ、正直に言って、私は、まだマンション管理のことにそれほど関心を持ってはいなかった。住んできたマンションはそんなに古くなってはいなかったし、大した問題があるわけでもなかった。

 その一方で、住宅金融公庫でそろそろ責任のある立場に立たされることが多くなってきた。住宅産業という分野が生まれ始めていたし、今までとは打って変わった民間金融機関の住宅ローン進出が話題になることも多くなってきた。

 中古マンションがそれなりに市場価値を持つことが少しずつ意識されるようになると、いま住んでいるこのマンションは「いくらぐらいで売れるんだろうか」といった言い方が世間話にかぶせて語られることが多くなってきた。

 新築マンションがブームまがいに売り出される中で、建築後年数を経た物件もあらためて、不動産取引面で市場価値が見直されることが多くなり、中古マンション用の住宅ローンが生まれる状況も大規模修繕工事を受け入れる雰囲気の背景にあった。

 ただし、コンクリート建てのマンションが木造住宅よりも長寿命だという常識レベルの理屈だけはわかっていても、居住者個人の感覚では間違いなく不安があった。

 近所の新しいマンションを引き合いに出しながらウチのマンションだって、まだまだ・・と考える人は当然いたから、中古マンションという視点の資産感覚がかなり多くの人に広がってきていたのも確かだった。

 だが、そう考えても、当時あまりポピュラーではなかった「大規模修繕工事」という言葉の提案が総会で賛成されたのは今でも感慨深い気がする。

 大規模修繕工事はその後10数年ごとに回を重ねてすでに3回目を昨年すませたし、ほかにも外壁改修以外の大スケールの共用部分修繕工事をすませてきたが、基本的に大半の居住者の無関心ぶりは相変わらずで、築後45年の今もあまり変わっていない。

 だが、今ではこうした言葉で語れる大半の無関心ぶりだが、最初の大規模修繕工事当時はかなり気分的にきつかった。重かった。

 だが、悩んでばかりいても仕方がない。

 反応がないのは聞いても返事がないと考えるしかない。返事がなければ賛否はわからないが、少なくとも反対ではない。それなら、事実上「提案が否定されていない」と理解することができると考えた。

 よくよく考えてみれば、いくら汗だくで主張しても、当の提案者自身を含めて大規模修繕工事など誰ひとり自分自身で経験していない状態だった。そうであれば、誰も経験していないことを「賛成か反対か」と聞かれたって、答えようがない。

 最終的には、一種の割り切りしかなかった。

 悩みに悩んで割り切った結果浮かび上がった結論は、実態を見て判断するしかないということだった。

「扉の外もマイホーム」という抜群のフレーズがすぐ姿を消してしまったマンション管理センタースタートのころ

 割り切りで見出つけた方向は、その後、今でも大きな支えとなっている。提案することを経験で確かめていなくても、考えられる限り、確かめられる限り正当な必要性を持っていれば、確信を持って進むしかないという考え方が、いつも最大の支えになるということだった。
                   ☆
 かつて、分譲マンションが普及し始めたころ、マンションを「マイホーム」ととらえる考え方があった。マンションは一戸建て住宅の代替イメージの産物と考えるのが常識だった。

 大きな建物の一角に住んでいても、自分の住戸の玄関ドアの内側はまぎれもないマイホームだと考える風潮だった。

 住宅不足解消を目指してスタートしたはずの日本住宅公団でさえ、当初の賃貸団地ばかりでなく分譲団地を供給し始めたし、それに煽られて都道府県市の住宅供給公社が続々と分譲団地を作るようになって、大小さまざまのニュータウンが全国各地に生まれた。

 だが、こうして続出したニュータウンは、結局のところ、あくまでも個人レベルのマイホームイメージの集積体だった。集合住宅特有のイメージはあまりないまま一戸建て住宅感覚が集積されたものが、マンションだったといえる。

 この時代に「住宅双六」というイメージが流行した。自分の住まいはモクチンアパート→公団の賃貸団地住宅→庭付き戸建て住宅という展開だった。

 昭和年代の終わりに近いころ、できたばかりのマンション管理センターに協力を求められて、機関紙づくりに関わった時期がある。

 このころ「扉の外もマイホーム」という言い方を進めたいという意見がでたことがあった。いわゆるマイホームイメージで専有部分である各戸玄関扉の内側だけを考えると、共用部分を含む集合住宅全体のイメージが理解しにくくなる。

 そうなれば、自分のマンションの住みよさを専有部分だけでなく共用部分と一体化して集合住宅特有の住みよさがわかりにくくなってしまう。庭付き一戸建て住宅のマイホームイメージとの絶縁がマンション管理には欠かせないのだからこの言い方は抜群にすばらしいと思った。

 しかし、このとき、この言い方も考え方もまったく反応がなかった。

 マンションはやはり一戸建て住宅のマイホームイメージを膨らませたものだったことをあらためて実感する。

いまマンション独自の集合住宅観がどのくらいあるのだろうか。マンションストック600万戸のこの時代に・・・

 庭付き一戸建て住宅のマイホームイメージとは別次元のマンション特有のイメージは、いまどういう状況なのだろうか。

 もはや珍しさもなくなったタワーマンションはどうなのか。タワーマンションと並び立つ古いマンションは、どうなのか。高齢者や外国人など、昔は考えたこともなかった居住者が住むマンションは、今もマイホームのイメージのままなのか。

 一戸建て住宅のイメージを引きずったままのマンションが前提となっている状態はもうなくなったのだろうか。

 一戸建て住宅にはないマンション独特の共用部分は、生活基盤を共有する集合住宅特有のものとして定着しているのだろうか。

 マンションをまず「持っているかどうか」という視点だけでとらえる区分所有建物としてなく「持って住む」生活共同空間としてとらえる考え方は定着したのだろうか。

| muraitadao | コラム | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 39】書いても書いても書くことが終わらないままブログを書き続けて12年目・・

2006年11月にメモを書く気分で始めたら、いつまでたっても書き終えた気分にならなくて・・・

 このブログも11年が過ぎて12年目に入る。

 と言っても、年数が過ぎたことなど書き手がやっと気づく程度のことにすぎないが・・・。

 普通は、同じテーマを同じ視点から語り続けていれば、いずれは語り終えるところにたどり着く。たどり着いたといえなくても、何とか一区切りつく状態になる。

 しかし、マンション管理ブログと銘打って始めたこのブログは、10年過ぎても一向にそうならないままだ。

 ブログは論文やエッセイと違うから、折々の感想を気持ちのまま日記風に書きとめるプライベートなものである。何を、どういうふうに書こうと、そこは自由だ。書きたければ書けばいいし、書きたくなくなったらいつでもやめればいい。

 それだけの話である。締め切りとか行数なども、いっさいフリー。気にしなくていい。気楽この上なし。

 そう思って、書き始めた。

 書きたいから書く。書きたくなくなったら、いつでもやめよう・・という気分は、今も頭の真ん中にあるのだが・・・。

 だが、毎年11月の今ごろになっても一向に「いつでも・・」という気分にならない。今年も、そうなった。書きたいことがなかなか書き終わらないからというのに尽きる。

 なぜ、書くのか。

 書きたいからだ。

 なぜ、書きたいのか。

 自分が感じ、考え、納得し、逆に納得できず、おさまりきれないことをほかの人に知ってほしいからだ。

 なぜ、そう思うのか。

 まだ、知ってほしいことを書き終わっていないからだ。

 それどころか、むしろ増えているような気がする。

だから、もう、書くしかない。

まだ珍しかった「マンションの大規模修繕工事」の連載記事を雑誌に書いたころ、発足早々のマンション管理センターへの協力を理事長から求められて・・・

 ブログを書き始めたのは、住み続けてきたマンションで2回目の大規模修繕工事を終わって間もない時期だった。

 2回目の大規模修繕工事が必要だという話になった時、最初の大規模修繕工事に携わった者に旗振りの求めが来るのは当然の成り行きだっただろう。

 でも、正直に言って、10年ちょっと前の大規模修繕工事の初めから終わりまでを経験済みなのだから、今度は何とかなるだろう・・という気持ちがどこかにあった。

 でも、これは、ある種の思い上がりだった。やってみて大違いだと思い知ることの連続だったからだ。

 第1回目の大規模修繕工事は昭和50年代の末期で、専門の組織もルールもなく、ただ、もう闇夜の手探りの気分だった。

 このころは、まだマンションの大規模修繕工事そのものが珍しくて、雑誌に連載記事を書いたこともある。情報価値が雑誌の売れ行きを動かすだけの重さを持っていたから、大規模修繕工事の記事が出ればそれなりに売れ行きが伸びたのかもしれない。

 そんなころ、できたばかりのマンション管理センター理事長から声がかかった。センターの初代理事長は住宅金融公庫の総裁でもあったから、どこかから大規模修繕工事の旗振りを務めていた私のことが伝わったのだろうと思う。

 確かに発足したばかりのマンション管理センターには、実情がわかっている人がほとんどいなかった。

 でも、自分が納得して関わったのだから、手は抜けない。もともと引き受けたことには一途になる性分がある。

 そう思ったのが、30年を超えるマンション管理との関わりの始まりだった。

マンション管理に関わる30年あまりが始まったが、書くことも語ることもそれほど変わってはいない実感が・・・

 自分の苦労が大きかった分だけ余計な苦労をしなくてもいいような効果をもつ情報を知らせたい気持ちは、マンション管理センターとの関わりでひときわ大きくなった。

 だが、具体的な手段は実に乏しかった。知恵を凝らした月刊誌「マンション管理センター通信」は大して役に立たなかったし、何よりマンション管理センターが知名度の低い超マイナーの組織だったから、存在感がほとんどなかった。

 さすがに、これでは・・・と思ったらしいセンターの担当者から、どうしたらいいでしょうかと相談を受けたときの驚きを今も覚えている。

 センターの人は、こう言った。『ウチのセンターのことを知ってもらえる案内状を郵送します。マンションがあれば必ず管理組合があるはずだし、そこに理事長がいるはずです。名前なんかわからなくてもちゃんと郵便は届くはずですから』

 何だかピンと来なくて、郵便封筒にどう書くのかを確かめてみると《リクルートの「週刊住宅情報」の後ろの方に中古マンションの欄が何十ページもあって、そこでマンションの名前も所在地もわかりますから。》という。

 思わず《名前がわからなかったら、大半の郵便が宛先不明で返送されてきますよ。はずだ、はずだとおっしゃるけれど、実情は違いますからね》と切り返した。

 正直なところ、実情知らずの能天気ぶりに腹が立ったのだ。

 最終的に固まったのがこちらから提案したマンション管理セミナーの開催だった。当時の新聞は開催行事の告知を生活情報として掲載していたので。かねて「住宅評論家」のクレジットで縁ができた各紙に記事の掲載を頼んだ。不安だったが、かなりの新聞がこの要望に応じてくれたのは正直に有難かった。

 それほど有名ではない会場で平日に開いたイベントだったが、自分自身が関与する最初のマンション管理セミナーがこうして実現した。
                   ☆
 セミナーという具体的な機会の実現で、マンション管理という課題が六法全書に出てくる法律や設計図の次元から人間の体温にあふれた現実感を一気に増した。

 竣工以来ずっと住み続けてきたマンションで生活感覚レベルになったマンション管理は、顔の見えるリアルな課題に予想を超えるほど大きく変わった。
                   ☆
 知りたい人へ、知りたいことを知らせる・・・。自分にわかっていることを残すところなく伝える。書くことも話すことも、すべてここに集中している・・・。
                   ☆
 この思いはブログを書き続ける最大の支えになってきたし、今も、そこは全く変わらない。 

| muraitadao | コラム | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 38】電子出版で本を出すようにすすめられて心境複雑になった秋の一日

もうこの齢になったら本を出すようにすすめられることなどないと思っていたのに・・・

 先月で、また齢をとった。

 だんだん90という数字が近づいてくる。

 住宅ローンやマンション管理の本をいろいろ書いてきたが、この齢になればもうこんなこともしなくていいと思っていたが、先週のある日、出版社と名乗る人から電話がかかってきた。

 聞いたことがない社名だった。かけてきた人も「たぶん、ご存じないと思います」といっていた。もしかしたらスタートしたばかりの会社かもしれないと思いながらの話は、次のような成り行きになった。

 「10年ちょっと前に出された本を国会図書館で見たんですが、これは、ぜひこれから長くいろんな人に読まれるべき本だと思います」

 「そう言われると、書き手としてはとてもうれしいんですが、それで?」

 「お電話したのは、その本を電子出版で出していただいたらと思うからです」

 「電子出版のことは知っていますが、いきなり、そう言われても・・・」

 「そうだと思います。資料をまずお送りしますから、それを読んでください。今日は、まず、その送り先のご住所を教えていただけませんか」

 あまり気は進まなかったが、話の成り行きで、住所やメールアドレスを話した。やり取りを重ねていくうちに、相手がそれほど気になるような人ではないことがわかってきたからだ。

 だが話しているうちに、向こうから「やはり、一度お目にかかってお話した方がよさそうですね」と言い出した。こちらの方もそんな気分になってきたから、ではそうしようという話になった。

 だが、日時と場所を相談する前に、ちょっとこう聞いた。

 「ちょっと確かめておきたいのですが、この件は、私の方が費用を負担する前提の話なんですか?」と聞くと、言下に「そうです」という。

 で、金額を聞くと、優に、若い人の1か月分の月収レベルの金額を告げられた。

 そんな金額が前提となる話を、せめてメールのやり取りを重ねたあとならともかく、会ったこともない人との電話のやり取りだけで進める気にはならない。

 だから、すぐこの話は断った。

 数日たって郵送された資料が届いたので、一応は封を切ってみた。きちんとした会社資料やこちらが負担することになっているという経費の見積書、電話してきた人の名刺、写真入りのパンフレット、手書きのメモなどが入っていた。

 知らせたアドレスにメールがくるかとも思っていたが、何も送信されてこない。
                   ☆
 資料などで判断すると、自費出版のセールスだったらしい。なるほど、それなら・・と得心がいった。

 だから、話は、ここでおしまいになる。

以前なら自費出版でも・・・という話もあっただろうが、今では、もう、とても、とても・・・

 気になるところもなかったし、それなりのきちんとした印象の話だった。聞いた社名などを電話のあとネットで確かめても、しっかりした出版社だったし・・・。
                   ☆
 でも、これまでの経験では、こちらが費用を負担してまで刊行を出版社に持ち込むようなことはまったくなかった。本を出したいのだが・・という出版社から持ち込まれた要望の内容をよく確かめて納得できれば、会って話を進めていくのがいつものやり方だった。

 今度は、そこが違う。こちらから費用負担を前提として刊行の要望を持ち込む形になると聞いて、ただ、もう驚くばかり。

 どこからの求めもないのに単独で原稿を書いてオリジナルの本を出すのは簡単な話ではない。本を出すのは、政治家がゴーストライターなどに頼んでばらまくのは別として、書きたいから書くというほど簡単なことではない。

 まして、住宅ローンとかマンション管理のようなリアルな内容の本を書くときは、読み手の表情を思い浮かべながら自分の書く言葉の一つ一つが読んだ人の判断にどう結びつくかという責任の重さを考えながら書くのだから、かなり気が張る。

 一冊の本を一人で書く気分の重さは、年齢を考えると慎重にならざるを得ない。

 一念発起して書いたとしても、その本が書店の棚に並ぶかどうか。

 いまや毎月一軒ずつの書店が姿を消しているという時代。本を読む人が減りに減って、もう書店が成り立たなくなっている。

 本を出すという話は、もう以前のような感覚ではとてもとても語れなくなった。昔なら自費出版ということもあったのだろうが、よほど考えてかからないと自費出版は単なる自己満足の代名詞まがいのイメージになりつつあるのではないか。

 ・・と考えてきて、先日の電話はいったい何だったのかという気がしてきた。

「読む」人があるという見極めがあるからこそ「書く」ことに意味があると今も信じているのだが、ならばブログはいったい・・・

 書くには書いたものの、それを誰かの目に触れる形にする機会を望んでいる人は、きっと多いに違いない。

 自費出版社が成り立つのだから、そうしたニーズは間違いなくあるのだろう。それも、書いたものが必ず誰かに読まれるという見通しを前提にしたニーズが。

 書いたものを必ず読んでもらえるという一種の自信のようなものがあるはずだろう。自費出版の経験がないので推測の域をでないものの、「書く」という仕事に関わる感覚だけはわかるから、そんな気がする。

 でも、本一冊分の原稿を書くというのは、やはり容易ではない。

 そんな骨の折れる仕事を求められる機会もないまま自発的に取り組む人が、それほど多いのだろうか。「書く」ということは、本当に骨の折れることなのに・・・。
                   ☆
 と書いてきて、はたと思い当たった。

 このブログは、今月で12年目に入る。日本不動産ジャーナリスト会議の一メンバーとして誘われて書き始めたのが、こんなに長くなった。まさかこんなに長く書き続けることになるとは思ってもいなかったが・・。

 書いていることに終わりが見えなくなるということなのだろうか。

 何だか、「書く」という行為の意味が、少しわからなくなってきた。

| muraitadao | コラム | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 37】秋の夜。玄関側から見るかベランダ側から見るかで表情が違うマンションの素顔

よそ行き感が漂う玄関側の画一的な夜景、普段着の生活感がただようベランダ側の夜景

 マンションは、どんなところから見るかによって、表情がまるで違って見える建物ではないか。

 帰宅が遅くなったような時、夜道から見たマンションが昼間とはかなり違って見えるような気がする。何十年も住んできたわが住まいのマンションに何も珍しさはないのだが、周りの住宅の中で突き抜けて見える建物の夜景にかすかな安心感を覚えて、いつも、そう思う。

 たぶん、それは灯のせいではないだろうか。

 昼間はコンクリート壁の無機質な外観むき出しのマンションも、夜になると建物自体の大きくて不愛想な感じが暗い闇に消えて灯りだけが見える光景の印象が、そんな感じをもたらすような気がする。

 灯りは、いつも人の気配を生む。

 秋の夜は、とりわけ、そうだ。
                   ☆
 遠い遠い昔、太平洋戦争中。まだ10歳代の後半だったころ、夜はいつも暗くて、不安で、不自由だった。いま息をしているこの自分が、明日はどうなっているのだろうかと思う。灯火管制、警戒警報発令中、明日は学校動員で造船所の工場に行くことだけはっきりしていた。

電灯のまわりを覆った布切れ、ガラス戸に貼った縦横斜めの紙・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 だから、戦争が本当に終わったことを実感したのは、夜になって、何も気にしないまま灯りをつけてもいいよ、ということになった時だった。もう明るい灯を誰にも気兼ねしなくていいとわかった・・・。

 日が暮れてから本当の平和の到来を確かめた記憶は、今もありありと残っている。

 秋の夜の灯は、今もそんな記憶を呼び起こす。

秋の夜の灯の記憶が戦後の生活を思い起こさせ、住宅の飢餓感を思い出させる・・・。そんなトラウマが戦後住宅政策の背景にあったと今にして思い知る

 秋の夜、遠く近くにまたたく灯を眺めた時の記憶は、やがて戦後の暮らしの光景に続く。誰もが、ひもじいすきっ腹の時代だった。誰もかれも、みんなガツガツしていた。

 “ヨイトマケむかし夫人がいま人夫”などという川柳をどこかから聞いてきて大笑いしながら溜飲を下げたことを、今も思い出す。

 住む所がない時代だった。壕舎などという、今はもう死語となってしまったような言葉に他人事でない実感があった。

 だから、誕生して5年目の住宅金融公庫に入った時は、複雑な気分だった。

 やっと就職できたという思いの一方で、住む所がなくて困り果てた人の相手になる苦しさが重なり、大したこともできないのに期待ばかりされる苦しさが来る日も来る日も続いた。

 430万戸。

 これが、そのころ何かにつけて聞かされた住宅不足戸数だった。

 住宅が足りないのだ、住宅が足りないのだ、住宅が足りないのだ・・・。

 朝日新聞に連載された獅子文六の小説「自由学校」が大評判になった。神田川のお茶の水橋に近い土手にバラック小屋を建てて住み始めた男の物語だった。本当にそんなことができるのかと思った人はほとんどいなかったと思う。

 テレビもまだだったこの時代、松竹と大映で異例の2社映画化となったっけ。

 住まい不足が、それほど切実な時代だった。

430万戸の不足から空き家だらけに悩む時代へ。こうなることは昔からわかっていたのに・・・

 住宅金融公庫で住宅に関わり始めて何年たったころだっただろうか。

 丸善だったかもしれないが、書店で「高齢化社会研究」という雑誌だか本だかわからない刊行物を見つけて読んだ。東京大学出版会の発行だった。

 読んだことをもうすっかり忘れてしまったのに、読んだ時のショックを覚えている。いずれ、こんな時代がやってくるのだ、と。

 年月がたてば、モノは必ず古くなり、人は必ず齢をとる。

 それを考えれば、今せっせと建てている住宅が、そのころどうなっているか。
                   ☆
 そうならないように打つ手がある。その真髄が管理だ。

 若かった身は、そこまで頭が回らなかった。誰もが、そうだった。こんなに困っている人がいるのだから、一戸でもたくさん建てなければ・・・。

 住む人がいなくて、空き家だらけになる時代が来るなんて、そんなことを夢にも考えなかった時代だった。
                   ☆
 住宅金融公庫に入った若手の新人の仕事は、管理だった。若手には最初から融資などをやらせずに、貸した金の回収をやらせればいいという考え方の仕事だった。

 早く言えば債権回収。当時は取り立てだった。

 政府系の機関でも、管理がそんな感覚で考えられていた時代だった。
                   ☆
 管理はエリートが目を向けることがない分野だった。管理で点数を稼いだ人がエリート官僚として天下ってくることもないと実感する年月の始まりだった。

| muraitadao | コラム | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 36】マンション管理組合の役員をエリート居住者が求められたら・・・

どこのマンションでも管理組合の役員選びで打診された人の心境は・・・

 どこのマンションにも管理組合の役員を絶対に引き受けない居住者が必ずいる。こういってもたぶん間違いあるまい。

 無関心だから引き受けないのではなく、ちゃんとした関心があって理屈も心得ているのに引き受けないのだから、確信犯的な役員拒否タイプとも言える。

 そんなことはないと言えるマンションはゼロではないかもしれないが、限りなく少数だろう。

 理由ははっきりしている。管理組合という組織の運営が決して理屈どおりに進まないことを、マンションに住む人は誰でも知っているからだ。

 区分所有法や管理規約に書いてある理屈通りにことが運ばない管理組合では、すべてのことが応用問題になる。法律に書いてある通りにやればいいと考えて理屈通りに取り組んでいけば答が見つかるなら苦労はないが、実際は決してそうはいかない。

 そうであることは、もう30年近い前からはっきり確かめられてきた。
                   ☆
 だが、そうはいっても、理屈は理屈として尊重しなければならない。もし万が一にも理屈を無視したら、マンションはたちまちにしてノールール化してどうにも収拾がつかなくなってしまうからだ。

 だから、どこのマンションでも、大抵の人は、理屈が欠かせないことも、管理規約が持つ重い意味も理屈の上ではちゃんと理解している。

 しかし、そこまでわかっていてもいざ自分自身がその理屈とどう関わるかということになると、たちまちにして発想が瞬時に変わってしまう。

 「わかっていること」と「できること」は同じではないと、誰もが考えるからだ。「わかったこと」の中には「わかっても実行できるとは限らないこと」が含まれるという理屈が浮かび上がってくるのだ。

 「事情を納得できても、その事情に自分自身が関わるかどうかはまったく別の話」だという気分が必ず胸の底に湧いてくる。「自分がやらなくても、このマンションにはやれる人がほかにまだまだたくさんいるではないか」という気分といっしょに。

 役員選びの時期になって意向のほどを打診された人は、大なり小なりこうした気分を味わったはずではあるまいか。

ウチのマンションにはほかにもたくさん住んでいるのになぜ・・・という感覚を責められるのだろうか

 こんなやりとりの時、多くの人が思い浮かべる「ウチのマンションには、こんなにたくさん住んでいるのに、なぜ自分に…」という心境。

 だが、この心境の思い浮かべ方は人によってかなり違う。

 「たくさんの人」が中村さんと山田さんと、佐藤さんと、木村さんと、鈴木さんと、田中さんと、それから・・・というふうに名前で浮かぶ人と、そうではなくて「1階の玄関から何戸めのあそこ」とか「4階のエレベータ―近くのあの住戸」という名前抜きで住戸の位置だけになる人では、《たくさんの人》のイメージがまるで違うからだ。同じ生活条件を共有して、いつも会う人の顔と名前が一致するかどうか、会った人が固有名詞でわかるかどうかという対人認識の問題でもあるのだ。

 「知っている人」を見極める目安の一つは、普段の生活でいつも顔をあわせるかどうか、会った時に声をかけるかどうかといった点だろうし、それをさらにさかのぼれば、会った人の名前がどのくらいわかるかということにもなる。

 玄関やエレベータ―などで会った人の顔がわかるかどうか、エレベーターで二人っきりで乗り合わせた時に何か話しかけるかどうかという日常的な生活感覚の問題でもある。

 この点には、その人の年齢や仕事、ライフスタイルなどいろいろな条件が関係するだろう。同じマンションに住んでいても、働き盛りのサラリーマンと年配者の学校の先生ではまるで違う。お互いの顔さえわからないことだって、ないとはいえない。

 そう考えれば、マンションにはこんなにたくさん住んでいるのに・・・とは言っても「たくさんの人をどのくらい知っているかどうか」という点になると、話は微妙に違ってくる。

 まして、竣工後年数が長くなったマンションや大規模マンションでは「知っている」戸数は、むしろ年がたつほど少なくなるという実情がある。顔見知りの人であっても、会う機会が少なければ本人はもちろん家族も大なり小なり実情が変わる。

 マンションは古くなるにつれて対人関係がわかりにくくなっていく世界なのだ。

マンションに住む人の実情を考えれば「管理組合が区分所有者の団体」だという理屈が当てはまる実感は・・・

 要するに、最後は「人と人とのわかりあい方」の問題になるだろう。

 人と人とが《わかりあう》というのは、《よく会うかどうか》という問題でもある。さらに言えば《会った時に声をかけ合うかどうか》という問題になる。

 声をかけるというのは、短い会話だ。会話は目前の人との話題の共通性がなければなり立たない。目前の人と通じ合える言葉で話す話題があるかどうか、身近な場所にいる人への関心があるかどうかということでもある。

 たったこれだけのことだが、日常生活のレベルになると理屈ではない個人差があるような気がする。もう少し詳しく言うと、身辺に漂わせるある種の匂いのようなものかもしれない。

 言葉にして書くのがとても難しいのだが、例えば、駅への行き帰りに出会うこともないし、ゴミ出しの日にエレベータ―で乗り合わせることもない人とでも言ったらいいか。

 しばらく見かけないが、以前は毎朝いつも迎えの黒い車が来ていたなんだか偉そうなあの人、今も住んでいるらしいけれど、管理組合の役員なんてとてもとても・・という感じの、あの住戸の人。管理組合は区分所有者の団体だという理屈を一番よく理解していながら、一番当てはまりにくい人。

 このあたりで、エリートという言葉がだんだん実感を持って浮かび上がってくる感じになる。
                   ☆
 ルールや約束事の上では、そんな感じの人たちも数字の上では同じ扱いになる。

 管理組合という世界の真の難しさは、こういう厄介な人間像と組織イメージ確保のバランスの取り方ではあるまいか。

 この実感は40年をはるかに超える今も変わらない。

| muraitadao | コラム | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 35】わかっているが何も言わない「そのほか多数」が実際には管理組合を動かす

マンションに40年以上住んでいながら管理組合の集会では一度も会わない人って実はけっこう多いよね

 マンションに竣工以来ずっと住んできた人は、もちろんほかに何人もいる。長年住んでくれば会う機会も多くなるからそれなりに顔見知りになるし、お互いの名前や仕事などもそこそこにわかるようになる。

 そのわかり方も、玄関やエレベータ―などで出会った時の短い会話を重ねるたびに回を追って少しずつ深くなっていく。その過程でお互いの共通点があればお互いの認識レベルはさらに大きくなり、時としては普段着の生活で交わした会話から、思いがけなく通じあえる言葉の感覚さえもわかるようになる。

 マンションに住んでお互いが知りあうプロセスは、こんな感じではないだろうか。

 40年以上も住んできて知り合うようになったのは、こういう感じの人ばかりだ。向こうのことをこちらは一応知っているし、向こうもこちらのことをだいたい知っている。たまに会うと断片的な話をするが、その場限りの、どっちでもいいことをお互いに承知の上だ。「じゃ、またね・・」と別れるまでのごく短い時間に声を交わして付き合いを確かめあった、ほんのわずかな安心感が残る。

 マンションで住人同士が会った時の感じは、普通は、まぁ、こんなものだろう。

 もちろん、この感じが逆向きの場合もあるのだが・・・。
                   ☆
 しかし、こういう感じで「知っている」人の中に管理組合の集会ではめったに出会わない人が何人もいる。会えばいつも愛想よく声をかけるし、冗談交じりの世間話もするのに、総会とか説明会などの会場で顔を合わせることはほとんどない・・・。

 そういう人がいる、何人も。

管理組合?「え、何それ」という人と「わかってますよ」という人も一枚の壁を隔てただけで同じ建物に住むのは同じなのに・・・

 しかし、こういう人たちも同じマンションに住んでいる以上、何かを決めるときにはちゃんと集会の場所にいるものとして考えなければならない。実際には決める場所に出てきたためしがないのに、そう考えなければならない。

 こうして、「いない」も同然なのに無視できない、きちんとという厄介な存在感だけが間違いなくはっきりしてくる。

 だから、決める場所に出てこないことは百も二百も承知していながら、「決める」仕組みへの参加手段だけは確実に用意しておかなければならない。

 管理組合は、問題に対応するときに、マンションが「わかっている人」と「わかっていない人」を区別できない世界であることをつねに忘れてはならないのだ。

 何かにつけて必要となる管理組合の意思決定で委任状の存在が重大になる理由は、まさしくここにある。「わかっているかどうかがわからない人たち」を必ず視野に入れないとマンションの管理は実現できない。管理組合で物事を決めることが形だけになってしまい、決めたことを実行できなくなるからだ。

「わかっているかどうかがわからない」人たちが黙ったまま胸の中で何を考えているのだろうかという不安感

 同じマンションでも一つのことについてのわかり方は、実は人の数だけ違う。

 ずっと昔、マンションができたばかりのころは一億総中流だのマイホームだのという言葉が説明抜きで通用したから、考えていることは誰も同じだった。パパがいて、ママがいて、その真ん中にボクがいて・・・。土曜日だってまだ休みではなかったが、みんな同じようなものを食べ、同じような話で泣いたり喜んだり・・・。

 今の管理規約は、そんな時代にできたものが基本形ではないのか。法律談義の議論を重ねて部分的な手直しを繰り返しても元々の姿は遠い昔のまま。そんな状態が水の底に残っているような・・・。

 今では、もう中古マンションとして住むようになった人が圧倒的多数になったのに・・・。

 同じ言葉で語られたことでも聞く人によって、意味の受け取り方はまるで違う。同じような言い方であっても、年齢や仕事やライフスタイルの差によって人の数だけ受け止め方はそれぞれに違う・・・。

でも、大抵の人は、何か言うわけではない。胸の中はみんな違うはずだと思うのだが、誰かが何か言うわけでもない。ただ、もう黙ったまま。多くの人たちの不気味なこの沈黙が、管理組合に影を落としているような気がする。

「管理組合って一体、何?」と聞かれたらどう答えるか。「区分所有者の団体」という答えは今も昔ながらに説得力を持つのか

 マンションが多くの人が生活条件を共有する空間だという本質は、昔も今も変わらない。でも、マンションが住宅として持つ本質は同じであっても。その本質の現れ方は人間次第だ。何か月も何年もに渡って住んでいる人間の今の様子によって「住む」ための建物という本質は違った姿で現れる。

 住み始めたときのパパはすでに世を去ってボクはいま外国、老いたママが後に残って一人暮らしという住戸が多くなった時代に、管理組合は区分所有者の団体だという考え方でいいのか。管理組合は区分所有者の団体だから「持つ」ことだけが要点であって、「住む」という条件を「持つ」ことに重ねる必要はないのか。

 100戸足らずのマンションが多いエリアに超高層大規模マンションが生まれたら、適用対象が増加しても同じままの理屈で管理組合が今も成り立つのか。

 外国人が珍しくない時代に管理組合が組織として動く場合の言葉は、やたらに多い漢字と、主語述語の見極めさえ難しいほど日常感覚と離れた法律文感覚が集合住宅の隅々まで通用するのか。

 あれこれ考えるほど、長い年月の経過という事実を前にして管理組合がどの程度まで当事者能力を持てるのか。今のままの理屈で、これからの管理組合は大丈夫なのか。今の経営感覚で、管理会社はそうした管理組合の当事者能力維持をサポートできるのか。

 過ぎた昔に建てられたマンションの光景は、いま住んでいる人間次第で決まることは昔から果たしてどこまで理解されてきたのか。

 多くの人に関係するとはいっても、その中で何も言わずに黙ったままの人が多ければ、はるかな昔にできた手続きの正当性だけでその不安を乗り切れるのか。

  もう、やめよう。 今月1日は87回目の誕生日だった。このマンションで迎える誕生日も、もう44回目になった。

 でも、心境は複雑である。

| muraitadao | コラム | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 34】マンション管理組合の広報イメージはこれからも今のままで大丈夫なのか

新聞はもはや古臭い過去の情報源になり始めたのか・・・

 10月は新聞週間のある月だが、そんなことに気がついている人はもう激減しているのではないか。

 「新聞を読んだ」「新聞に出ていた」という言い方が、どことなく時代遅れめいた古臭い感じになってきたような気がする。

 マンションに住んでいると、毎朝ドアを開けてよその住戸の様子をちょっと見ただけで今どきの新聞購読者の激減ぶりがよくわかる。

 以前は壮観な感じがするほど大半の住戸ごとにずらりと朝刊が差し込まれていたのに、もうそんな光景はない。今では、新聞を差し込まれた住戸はほんの数戸しかない。毎月1回の古新聞回収日、玄関前に置かれた古新聞の束の数も僅かで、新聞の減り方が月ごとにはっきりしていく。

 午後4時過ぎのころエレベーターで乗り合わせた新聞配達員らしい人が持っている夕刊の束を見ても、もう本当に「小脇に挟んでいる」という程度の少なさだ。

 たまに乗る電車の車内風景でも、新聞を広げている人はもう見かけなくなった。座席の人も吊革の人も、ただ、もうスマホばかり。

 かく言うわが身も、以前とは違ってきた。

 何かを知ろうとする時、以前なら「新聞に出ているだろうか」とか「新聞はどう書いているか」と反射的に考えたものだが、今では、もうそんなこともなくなった。

 机に向かっているときはつけっぱなしのラジオが聞こえてくるし、リビングに行けば四六時中テレビがついている。

 新聞をあらためて読み直すことは、もう滅多にない。

 結局、新聞は2紙を1時間から1時間半ぐらいかけて全紙面の半分ぐらいを読む程度で終わる。一度、目を通した新聞をまた読み直して確かめることはまったくない。

 10年以上前までは、毎日のスクラップが一仕事だった。切り抜きの整理がまた一苦労だったし半年ごとの整理も厄介だった。

 でも、座り込んで独自に分類したスクラップを今の目で見直していくと、新聞が伝えようとしてきたことが情報の流れとなって見えてくる。

 そうしたプロセスで読み取れた情報の意味は、想像以上に大きかった。

 その実感は、今月で87歳になったこの身体に間違いなく染みついている。一方で、古臭さの実感もあるのだが・・・。

 あれこれ考えるにつけ、新聞は古臭くなってきたとはいえ、まだまだ手離せない情報源だという気がしてくる。

新聞を読むたびに天下り役人だった昔の上役をふと思い出すことが多いのはどうしてだろうか

 だが、一方で、もう一つの実感が湧いてくるのも否定できない。言葉で説明することが難しいのだが、あえて書くと次のようになりそうだ。

 大抵の場合、読むことの一つ一つが「確かにそうだ」と思わせるような理屈がきちんと成り立っているし、読者の実感と照らし合わせても間違ってはいない。

 しかし、書かれていることを読んでいるこちらが直面しているリアルなケースのあれこれに当てはめてみると「では、どうしたらいいのか」という具体的なことは何も見えてこない。書いてあることは確かに「わかる」のだが、「わかったからやれる」とは限らない。わかっても目の前のことをどうにかするために「何をやれるか」という点につながらないのだ。

 このもどかしさは、ずいぶん昔、住宅金融公庫で多くの人に向かい合っていたころ天下りの上役が口にしていた言葉のあれこれを思い出させる。こちらが来る日も来る日も向かい合っているのはまさに応用問題だから、答の出し方はその都度違う。でも、短い時間で何とかしてその答えを見つけなければならなかった。

 その難しさが、いつも苦労のタネだった。

 天下りの上役がそう言うときにわかった顔で並べる理屈は、どんな場合にも通用するものばかりだった。確かにそうなのだが、「では、こういうときはどうするか」という肝心かなめのことになると、もう何も言わない。

 知識としての理屈が、問題に直面した人間の求める個別条件のレベルでは効果を発揮する有効な情報とならない無力感があった。理屈で固まった総論が個別ケースに対応できる応用問題を解く鍵にならないのだ。
                   ☆
 このもどかしさに似た感じが、新聞にあるといったら言い過ぎだろうか。毎月の購読料4000円ぐらいを払って付き合ってきたのに・・と思うのだが。

マンション管理の盲点・広報が新聞を事実上のよりどころとしてきた状況は今も・・

 マンション管理では、今も相変わらず広報が盲点のまま残されている。

 大勢の人が居住条件を共有しながら住むマンションで望ましいレベルの管理を確保するための情報発信は欠かせないから広報は間違いなく管理組合の組織維持を左右する基本条件の一つなのだが、管理組合向けに有効な広報活動のための情報が送り出された試しがない。

 だから、法律論に熱をあげる人ばかりで広報を語る人は滅多にいない。

 そんな状態だから、何かを知らせる必要にいつも迫られ続けている管理組合は、有効な情報が何もないまま、自分たちの知恵で何とかしなければならなくなる。

 しかし、管理組合は組織運営の素人集団だから、何とかしなければとは思っても、具体的な取り組み方がわからない。

 そこで、大抵の管理組合はなけなしの知恵を傾けて、おぼつかない感覚の広報を進めようとする。

 こう言うときに、情報発信に不慣れな管理組合が《知らせ方の目安》として考えるのが、新聞である。

 しかし、実は、そういうふうに思っているのは年配層の管理組合役員だけであって、知らされる方の立場ではもう新聞を読んでいない人が大半なのだ。

 「知らせる」立場と「知らされる立場」の間に、こういうギャップが生まれているのだが、そのギャップはそれほど気づかれていないことが多い。

 そこで、どうなるか。

 知らせ方に慣れていない管理組合が、不慣れなまま「これなら大抵の人に知らせられるはず」と考えて発行する広報は新聞スタイルになる。

 しかし、イメージのモデルに想定される新聞は、今もそれほどのものになってはいない。情報発信側は経験もないまま費用と時間とエネルギーを傾けて何かを知らせようとするのに、肝心の居住者、区分所有者には有効に情報が届く見込みが極めて薄いという状態が生まれる。

 こんな状態が生まれる理由の一つは、今もなお新聞が《何かを知らせる》情報の有効手段として想定されているからではあるまいか。

| muraitadao | コラム | 09:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE