村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【語り尽くされていないこと、見逃されていること52:年齢】「今の自分」は「昔の自分」の延長上にある。それが誰もみんな同じなら・・

「年齢」が生きてきた年数なら 言葉にも考え方にも それだけの時代の流れが必ずどこかに隠れている

 このごろ何かにつけて「年齢」という言葉の意味を改めて考えるようになった。「年齢」はこれまで生きてきた年数をストレートに示す言葉だから、何十年と続いてきた時間軸の延長上にある。自分の生まれた年に始まった長い長い時の流れの上で起こってきたきたことは、すべて《今の自分》にどこかで必ずつながっている。

 そのつながりは、自分自身が気づくかどうかに全く関わりなく、有無を言わせぬ形で《今の自分》の姿にどこかで関わっている。《今の自分》がふと語る言葉にも生きていく気持を動かす考え方にも、年齢や時代の鮮明なイメージがどこかで間違いなく隠し絵のように影を落としている。

 私自身についていえば、1931年(昭和6年)に生まれてから2017年4月25日の今までに起こったこと、そのすべてを自分がどう受けとめてきたかが、このブログのどこかにあらわれていることになる。それは、このブログを書いている私の存在に生きてきた時代がまるごと切り離せない状態で否応なくつながっているからだ。

 少し気恥しい気持にもなるが、正直な実感である。

 この点に誰一人として例外はあるまい。政治家であろうとジャーナリストであろうと無名の一市民であろうと全く変わらないはずだ。

 その人が語ったり書いたりする言葉を通して私たちが知り得るその人の考え方は、その人が生まれた時代を背景として生まれてきたものだからだ。

2017年に見えている《今のマンション》は何年も前に建てられた《昔のマンション》だから そこには竣工した時代がいたるところに映っている

 この感慨は、そっくりそのままマンションに当てはまる。

 《今の自分》が長い年月を経た《昔の自分》であり、長い年月の流れがほかならぬ《今の自分》に反映しているのと同じように、《今のマンション》は竣工以来、何十年も過ぎた《昔のマンション》であり、はるかな昔に建てられた時代のすべてが目前の建物の光景に反映しているといえるからだ。

 この点は、《昔》という言葉を具体的に何年前と考えるかによってかなり違ってくるが、仮に30年という言葉を当てはめてみると、どうなるか。

 築後30年のマンションを考えてみるなら、1987年(昭和62年)竣工ということになる。昭和も末の時代だが、今にして思えば、気づかぬうちにバブルがもう始まっていたことに思い及ぶ。

 景気効果を期待して「マイホーム」のイメージで国策機関の住宅金融公庫融資が年利4.5〜5.0%というレベルでマンションの売れ行きを支えた時代だった。

 マンション市場の広がり方に気づいた新規参入のデベロッパーが相次いだ。マンションの需要を支えたのは団塊の世代で働き盛りの40歳代。パパがいてママがいて、かわいい子供が二人いて・・というイメージの核家族が圧倒的な買い手で、どのマンションもファミリー向けLDKタイプが中心だった。

 マンションはコンクリートの長寿命建造物だから、堅牢な頼もしいその眺めも、やがていつの日か古びていく時期が来ることは、誰もが頭の隅で思い浮かべていた。だが、そんなことはすぐ頭から消えてしまって差し迫った実感はまだまだ遠い時代だった。

新しいマンションで管理にまだ実感がなかった時代の仕組みが今もそのまま・・。これって大丈夫?

 筆者が住む4棟600戸マンションは、この頃、築後13年目を迎えていた。最初の大規模修繕工事が課題となり、成り行きで旗振りを務めることになってしまった時代だった。

 ここから後のいきさつや記憶はもうとても簡単には言い尽くせないから、すべて別の機会に譲る。

 ただ、一つだけはっきり語っておきたいことがある。

 それは30年前に様々な機会を通して胸に浮かんできた実感や腹立たしさをこらえながら押し殺してきた疑問が、今もなおほとんどそのままの強さで残っている点だ。

 ほんの少しだけ、本当にいくつかだけあげてみよう。

●マンションに住む人が一戸建て住宅と同じ感覚で暮らすのはなぜだろう・・。

●マンションに住む常識が偉い人やお金持ちや難しい理屈を述べ立てる人に全くいないのは、どうしてだろう・・・。

●マンションが大きくて複雑なわかりにくい住居だというわかりきった当たり前のことをはっきりいう人が、今もめったにいないのはなぜだろう・・・。 

●『マンションは管理を買え』なんてまことしやかに真っ赤なウソをいい出したのはいったいどこの誰だろう・・・。

●働き盛りでマンションに関わろうとする人がエリートになる例が少ないのはなぜだろう・・。

●「マンション」っていったい何だろう・・・。

●「管理組合」っていったい何だろう・・・。

・・・・・・・・・・・・・・ 

 むなしくなってきた。もうやめる。

| muraitadao | コラム | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること51:教育勅語】言葉だけのつまみ食い解釈でわかった顔をするとは笑わせる

「教育勅語」を訳知り顔で議論する人はあれが生きていた時代に思い及ばぬ鈍感さに気がつかない?

 バカバカしい。苦々しい。くだらない。あほらしい。片腹痛い。「教育勅語」がどうだとかこうだとかいう議論が・・・。

 「教育勅語」が、実は中身の意味などまるでお構いなしのやたらに難しい言葉の塊の押しつけだったことに気がつかないのか。

 「教育勅語」が生きていた時代に教育された小学生から見れば、あれは何だか、まるで中身のわからないチンプンカンプンの代物だったのだ。紫色の布に包まれた巻物のような正体不明のモノがのっている黒塗りのお盆を恭しく捧げ持った校長先生が、目の前を通る時ひたすら頭を下げていなければ、いつもひどく叱られた。そんな代物をしまってある別棟のお宮のような小さな建物が「奉安殿」だった。その前を通る時も、必ず頭を下げなければならなかったな・・・。

 中学生になったら、今度は「軍人勅諭」。それに「戦陣訓」。どれもめちゃくちゃに棒暗記させられたから、意味などそっちのけで、ただもうお経と同じ代物だった。

 奇妙な成り行きでよみがえってきた思い出したくもない記憶は、嫌が応もなく名ばかりの授業と並んでいた「軍事教練」や「工場動員」を連想させる。
                   ☆
 「教育勅語」がどんな意味の代物だったのか正体がわかったのは、すべて戦争が終わってからだった。すべて、後で知ったことだった。
                   ☆
 こんな代物でも有無を言わせぬ意図で重くのしかかったのは、そういう時代だったからだ。言葉はそれが使われた時代の空気の中でこそ本当の意味を持つという肝心なことにまるで気がつかないまま、《憲法とか教育基本法に照らし合わせて》どうだとかこうだとかいう議論がさも重大な意味ありげに伝えられる。

 ちゃんちゃらおかしい。まともなレベルの大人の話ではない。

時代の視点を忘れると目的と手段がすり替わって言葉だけの空疎な手続論になってしまう

 そもそも「教育勅語」が過去のものになったのは、遠い昔のことだ。存在すら忘れられていたはずなのに、このごろになって急に議論されること自体が奇妙ではないか。

 大阪のヘンな学校経営者と、それに共鳴したどこやらの気楽な奥さんが絶好の話題作りの種になっただけの話ではないか。国会で議論したり新聞が社説で取り上げたりするような重みのあるレベルの話ではないだろう。

 要するに、議論のための議論ではないか。今ごろホコリを叩いて「教育勅語」を引っ張り出すなら、断片的に言葉のつまみ食い論議をするのではなくて《あの代物が、誰によって、どんな使い方をされたのか》という時代背景を考えた広がりのある視点が必要ではないか。

 仮にも「教育」と名乗った文書だ。「教育」が時代の視点抜きで語られるべきものではないことを、なぜ誰も考えないのか。

 時代を抜きにして考えるから、目的と手段が入れ替わって干からびた意味のない手続き論になり下がってしまう。CMまがいの空っぽな言葉だけになってしまう。

 目的と手段がすり替わっても、手続きだけは空っぽな形のまま言葉の上では成り立つ。だから、小難しい言葉で、さも、もっともらしく語ることはできる。

 それが議論倒れになっていることにも気づかぬまま・・・。


目前の建物が何十年も昔に建てられた事実を忘れるとマンション論議はむなしくなる怖さ!

 時代抜きで考えると自分の語る言葉が空っぽになってしまう怖さは、マンションの場合、とてもリアルな実感がある。

 いま見ているマンションは、実は、もう何十年も前に建てられたものなのだ。いま見えているマンションの光景は、もしかすると自分が生きてきたよりも長い年数の歴史を物語っているかもしれないのだ。

 だが、その長い年月は世界遺産のような《これまで経過した年数の長さ》とは違う。そこに人が住んできた時間の流れが今もなお確実に進んでいる最中の光景なのだ。今日の光景は昨日の、昨年の、そして建てられてから現在まで何十年にも及ぶ光景の続きなのだ。

 マンションが人の住まいである限り、その流れの光景の中にはいつも老若男女、様々の大勢の人がいたし、今もいる。これからも、いるだろう。

 マンションを考える人は、そういう意味で建てられた時代を背景としていつも考えなければならない。いま竣工後30年ぐらいのマンションならバブルの時代背景を、40年ぐらいたったマンションなら日本列島改造論にまだ実感があった時代を思い出しながら、考えなければならない。

 マンションは決して《いつの時代もみんな同じ》ではないからだ。
                   ☆
 「教育勅語」論議のむなしさは、マンション論議の隠れた盲点を気づかさせる。

| muraitadao | コラム | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること50:メール】使い慣れた人とまるで使えない人が隣り合って住むマンションで・・・

メールでわかりあう世界。挨拶抜きでいきなり用件が分かりさえすればいい、と言えば確かにそうだが・・

 安倍首相夫人のメールが、何かにつけてニュースに流れる。

 なじんで久しいメールだが、考えてみると身辺には今でも使っていない人が珍しくない。思い返すと、メールのやりとりを始めて間もないころは、メール特有の文章スタイルや言葉の使い方が毎回いつも気になっていた。

 例えば、メールの冒頭に必ず出てくる《いつもお世話になります》というあの書き方。会ったこともないし顔も知らないような人からのメールの文面なのに、始めて読む文面が《お世話になります》で始まる。ご丁寧にそういわれても、「お世話になる・・」といわれるほどの実感はまるでないのだが。

 その一方、普通の手紙文ならまずくだけたやり取りで書き出し始める言い方は、メールでは全く関係ないらしい。

 メールの書き方はよくいえば率直ということだろうが、挨拶抜きでいきなり用件に入るむき出しの書き方が相手にどんな感じで受け取られるだろうかと気になる場合は、逆にその率直さが気がかりの種になる。そんなことをいちいち気にしても仕方がないといわれれば、確かに、もう、そうなのだが・・・。

 そんなわけで、何かを伝えたい相手にメールの表現感覚で書いていいかどうかは、今でもけっこう気になっている。何かを伝えようとする時に、《拝啓》とか《時下ますます・・・》とか紋切り型で書かなくても、《桜がほころぶ時期になりました》といった程度のことはこちらも書きたいし、もらった時もその方がいい。

 これは、全く理屈では説明できない気持なのだが。 

「冗長度」のある文章の方がわかりやすいという考え方の真実。“無駄”の重み

 ここまで書いてきて、突然思い出したことがある。

 もう40年以上も前になる。昨年(2016年)亡くなられた唐津 一さんに教えていただいた言葉だ。情報工学の大学者だった唐津 一さんはこの頃まだ松下通工だったか・・。

 注)唐津 一氏は情報工学者。旧電電公社、松下通信工業(現・パナソニックモバイルコミュニケーションズ)から東海大学へ。電子計算機時代初期の実情からニッポンそのものまで独特の語り口で飽かず論じ続けた。昨年の終戦記念日に97歳で世を去った。

 持ち前の気さくな雑談の中で《冗長度》という言葉があることを雑談の中で教えられた。英語では《リダンダンシー》というのだとも。

 精密性が欠かせない運転席などの設計で、無駄な操作を一切しないことばかりを重視する考え方で計器の位置などを設計すると、かえって操作者がミスを起こしやすくなる。理屈通りにならない厄介なこの現象を防ぐために、あえて無用な計器をわざわざ紛れ込ませた設計をした方がいい場合がある。

 判断源となる情報データを読み取る人間の理解能力には合理的な必要度だけでは割り切ってしまえない側面があることを考えて、あえて必要性のないものを意図的に介在させて人間の緊張度を緩めるという考え方だ。この考え方を《冗長度》というのだ、と。

 40年も前に聞いたこの考え方や言葉が、その後どうなっているのかは全く知らないのだが、人間の理解能力にはこういう考え方が必要となる側面があると気づかされた衝撃は、とても大きかった。

 《冗長度》という言葉を知って以来、一概にムダといわれることを気軽に見過ごせなくない発想が身体に染みついてしまった気がする。

 昔、私の文章は、建設省からきた天下りの役人たちから、いつも《回りくどい》とか《余計なことを言いすぎる》などと文句の言われ通しだった。

 逆に、普通の人たちには喜ばれた。わかりやすいとか、納得できて安心する、とも。この当時の経験は《和文邦訳》を表現上、最大に重視する習性となって、その後の執筆活動の支えになった。その点は、今も変わらない。 

《冗長度》という言葉の中にメール全盛時代のマンションで欠けているものが見つかるかもしれない

 マンションは大勢の人が住んでいるのに、コミュニケーションが足りないなどといった嘆きを聞くようになってから久しい。誰もがそういうのに、どうしたらいいのかわからない。

 そんなもどかしさが、もう長らく続いている。

 このごろ何かにつけて気になるのだが、管理組合の中で以前にはなかった形で意見が対立することがある。そういう場合、意見の出し方、もっと詳しく言えば、自分の考え方を表現する方法や言葉の使い方が原因ではないかと思えることが多い。自分の考え方を相手にわかってもらえるような言い方を考えないまま、自分の考え方ばかりが露骨に並ぶ言い方がきっかけになったりする。

 この現象にメール的表現感覚と非メール的表現感覚の違いが関係してはいないだろうか。相手の受け取り方をあまり考えないまま、いきなりむき出しの書き方で短い言葉を並べる感覚で意見を述べ、物事を決めている傾向はあるまいか。

 メールが無縁な高齢者世代とメール万能の世代との間に『伝えてわからせる』ための表現感覚にギャップが生まれているのではないか。
                   ☆
 表現感覚は属人的な問題だ。だから、どんな人たちの住むマンションなのかが実情にことごとに関係する。それだけに管理の現場を知らない人には通じない問題だ。

 いろんな人の意見や経験を聞きたい。

| muraitadao | コラム | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること49:文書破棄】捨ててしまいたいのは記録か過去か、それともその両方か

 このブログは、ラジオの国会中継を聞きながら書いている。あるはずの文書がないとか、誰も考えなかったFAXの紙が出てくるとか、文書の持つ意味の重さが今さらのように大きく浮かび上がる。

文書を捨ててしまえば何とでもなる?急場をしのげれば捨てたはずの文書が見つかることも・・・

 今さらでもないが、役所の文書というのは、いったいどういう扱い方になっているのだろうか。

 たぶん文書保存規則のようなルールがあって、文書の性質によって保存年限が決まっている・・・といったことにはなるのだろうが、最近のニュースを見ていると、やはりわからないことが多い。

 一つは、「文書」のイメージが昔と一変してきたことが関係しているのかもしれない。高齢化時代の今でも「文書」という言葉を紙に書いたイメージで考える人が多い一方で、ICレコーダーやパソコンのメモリーで記録することも珍しくない。目的も用途も公式のものばかりではなく、私的なメモも少なくない。

 ただし、手段や保存の形が違っても書き留めた内容を後で読み返して参照する目的は共通しているし、それが人間の忘れっぽさへの対応手段である点も変わらない。

 そういう事情があるから、何かあれば、すぐ《文書があるか、ないか》が大きな論点になる。文書の意味はとりも直さずそのまま人間の記憶と同意義化するわけだ。

 大阪の何とかいう素性不明な学校建設用の国有地が格安で処分されたケースや、自衛隊の派遣先の状況報告文書が破棄されていたはずだったのに後から見つかったというケースなどを考えると、そう思わざるを得ない。

 もっとも3月20日の東京都議会の百条委員会の中継を見ていたら、尋問する方が過去の文書でしきりに何かと問いかけているのに、元都知事の方は体調がどうだとか何だとか述べ立てて空とぼけっぱなしだったというケースもある。

 文書の有無が意味するものも、結局のところ、その文書に関わる当事者の人間性によってどうにでも変わってしまうこともあるらしい。

40年以上保管してきた自分のマンションの記録をどうしようかと思い悩む毎日・・・

 実は、いま思い悩んでいることがある。

 たまりにたまったマンション管理組合の関連文書をどうしたらいいか・・・。

 このブログにも何度か書いてきたが、竣工以来ずっと住み続けてきたマンションが来月で43年目を迎える。いま86歳の人間にとって、人生の半分をこのマンションで過ごしてきたことになる。

 それだけの年数を過ごしてきた人間が何年経つとマンションのどこがどうなるかを確かめてきた。11階建てが4棟、およそ600戸のマンションで、43年の歳月が住いとしての建物をどう変貌させたか、居住者が1000人をはるかに超える管理組合の実情をどう変えて来たかも、目の当たりに見つめ続けてきた実感がある。

 大規模修繕工事など管理組合の課題の乗り切り方も一通り確かめてきた。

 そんな歳月の記録がいま結構な量になっている。広報誌や総会資料だけでもなけなしのスペースをふさぐボリュームは小さくない。

 40年以上たって、居住者の顔ぶれも一変した。管理組合の役員などは親子ぐらいの世代差を痛感せざるをえない。管理会社も企業合併で縁もゆかりもなかった大企業系列になったから、実務的な対応で理詰めな感じが強くなってきた。

 こうなると、このマンションの過去のことは誰にもわからなくなる日が確実に近づいていく一方だ。マンションのここに、どういう考え方で、どういう工事をしたのかとか、管理組合のこのやり方はいつから始まったのかなど、日本神話さながら霞の向こうにぼやけて確かめようもないことがたくさん生まれ始めている。

 しかし、こんな思いのする文書を管理組合に寄付しようとは思わない。管理組合の実情を考えれば、間違いなく散逸してしまうことがはっきりしているからだ。

 いっそスキャンしてメモリーに入れたら・・とも思うが、年齢を考えると、時間とエネルギーがとても・・・と思う。

 いったい、どうしたものだろうか。考えあぐねている。

マンションが建ち続ける年月の長さに人間の記憶が追いつけないことがはっきりしているのに・・・

 こういう問題をどう考えたらいいか。今のマンション管理システムには全く答えがない。法律や仕組みにはそもそもこんな視点の問題意識がないから、まるであてにならない。こういう問題を考えている人など、いったいいるのかどうか。

 役人や学者はまるであてにならないし、さりとてマンション管理士や弁護士が頼りになるはずもない。

 そもそも、当の管理組合自身にこういう問題意識がない。管理会社には、もっとないだろう。

 もう10年ぐらい前に『マンションみらいネット』というのがあった。国交省やマンション管理センターが打ち出したマンション管理組合の履歴保管システムだ。

 この仕組みの考え方は間違っていいないと、今も思う。

 しかし、率直にいえば《机上の空論》に近い構想だった。それが証拠には、この仕組みは肝心の管理組合ではほとんど知る人がいない。

 それぞれのマンションに固有の建物修繕や管理組合運営に関する文書記録をネットの活用で実現できたら素晴らしい。

 でも素晴らしいことが実現するわけではない。素晴らしくても実現しない方がはるかに多い。当然ながら、そうなるだけの理由があるのだから。

 素晴らしい『マンションみらいネット』が実現しなかったのは、この仕組みの対象となる管理組合の実情に理由があったからだ。今も、そこは変わらないし、むしろ内攻して複雑化している。

 マンションは長寿命の建物なのに、そこに住む人間の記憶の方が追いつかない。建物だけがボロボロになって建ち続けても、人間の記憶も記録も確かめようのない状態でぼやけていくばかり。

 そのことだけは空恐ろしいほどはっきりしている。・・・・

 もう、これ以上,書きたくない。

 むなしいから。

| muraitadao | コラム | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること48:災害のイメージ】大災害は人の数だけイメージが違う。マンションではなおさらだ

同じ「東日本大震災」という言葉なのに《その時どこにいたか》で思い描くイメージはまるで違う

 東日本大震災のあの日は金曜日だったから、午後は翌日のマンション管理セミナーのための下調べをしていた。40年以上前に建てられた11階建てマンションの11階の自宅で。

 目の前のガラス戸の向こうの、まだそれほど暖かくない風景に目を向けたとき、いきなりドンという音といっしょに、肩を強引につかまれたような横揺れがきた。ガラス戸はみんな開いてしまい、クローゼットの扉もいっぺんにみんな開いた。リビングの向こうのキッチンでガタンガタンと何かが倒れる大きな音がした。

 思わず立ち上がったが、揺れが収まらなくて机から手が離せない。15分ぐらいはかかったような気がする。

 ・・・といったあの日のことを、今もまざまざと覚えている。人にも話した。

 ところが、相手によって反応がみんな違う。ぴんとくる人もいたが、《それが、どうした?》といった感じの人もいて様々だった。同じマンションの住人に聞いても、居住階によって揺れ方の感じは微妙に言い方が違っていたような気がする。

 大震災の翌週、超高層マンションに住んでいる知人に会ったので、さぞ揺れたでしょうねとひそかに期待して聞いたら、その日は朝から外出していたので自宅にいなくて揺れ方がよくわからなかったんですよと聞いて、ひそかに拍子抜けした。

 あれほどの大震災でも《その時どこにいたか》で感じ方はまるで違うことを改めて実感した。

 「東日本大震災」という言葉で一様に誰もが思い浮かべるのは黒々とした大津波が無情に襲いかかる海岸の光景だが、リアルな当事者感覚で感じ取る「東日本大震災」という点になると、実は《3月11日午後2時46分、自分がどこにいたか》でずいぶん違うことをまざまざと思い知った。

当事者感覚の重さが言葉の使い方を慎重にさせた。「読む」言葉も「語る」言葉も

 この実感は重かった。その重さは今も全く変わっていない。

 災害に関する言葉を読むときも聞くときも、同じ言葉でも人によってどれほどイメージが違うのかということがいつも気になるようになった。災害について語る人があの時どこにいたか、伝えられる情報はどこの誰に向けたものなのか、ことごとに使われる言葉が気になるようになった。

 そういう実感とともに、聞くたびにうんざりする言葉や間違っても使いたくない言葉がはっきりしてきた。東日本大震災以後あちこちで目にするようになった『絆』という言葉はその典型例だった。何でもかんでも『絆』『絆』で、CMや歌の名前にまで『絆』が出てきた。

 『絆』『絆』と、さもわかったようにいうが、どこの、どんな人たちの『絆』なのか。石巻市や飯舘村の人たちの『絆』なのか、それとも新宿や大手町の人たちの『絆』なのか・・・。

 あのころ突然できた政党に『新党きづな』という名があって、とうとう『絆』もここまできたかとうんざりしたが、あっという間にすぐ消え失せてしまって、むしろほっとしたことを覚えている。

 こうなると、自分が書いたり語ったりするときの言葉には当然ながら用心深くなる。一応の見極めをつけて使う言葉であっても、読み手や聞き手のイメージにマッチしていなかったらこちらの思いは確実に空転する。

 そんな独りよがりはしたくないから、書く言葉や語る言葉の選び方が慎重になった。

 《安心安全》という無造作なほど便利重宝な感じでいろんな人が使う言葉などは、絶対に使う気にならなかった。

マンションの安全、防災、交流、コミュニティ・・・。伝えたいことが本当に伝わっているのか

 東日本大震災のあと、「コミュニティ」とか「交流」、あるいは「コミュニケーション」といった言葉がマンション管理の分野でも目立つようになった。

 もともとマンションは本質的に多くの人が生活条件を共有する集合住宅だから、居住者同士の日常的な接触や交流はあるのが当たり前だった。

 しかし、それが実際にはそうならず、同じマンションに住んでいながら目も合わせず、いつも会うのにお互い名前も顔もわからない状態が、何かにつけてどこのマンションでも気がかりになっていた。

 マンションは名前もわからない行きずりの他人が壁の向こうにいるホテルのような状態になる一方だった。

 そんな気がかりが消えないのにマンションの大規模化が進み、超高層マンションが増えて、昔とは比べられないほど多数の人が同じ建物に住む実情とは逆にコミュニティや交流が希薄になる矛盾が、痛切な論点になってきた。

 その状態で東日本大震災が起きた。

 災害で語られた言葉が、マンションでも同じような感覚で語られるようになったのは当然の成り行きだったろう。

 しかし、今や600万戸を超えるマンションは建築時期の新旧、戸数規模の大小、階数の高低、立地の地域差など、物件ごとに実情は千差万別だ。

 同じ「コミュニティ」という言葉を使っても、50戸のマンションと500戸のマンションでは、その言葉が伝えようとしている実情がまるで違う。まして、名簿の作り方などという実践論になれば、もっと違う。

 そこを考えないまま語られると「コミュニティ」とか「交流」という言葉は現実感が薄くなる、ピンと来なくなる、むなしくなる、空々しくなる。

 「コミュニティ」や「交流」といった《人と人との触れ合いを示す言葉》は、どんなマンションを前提としているかによって具体的な考え方がまるで違う。その言葉で語られているのはどんなマンションの話なのかによってイメージはまるで違うのだから。《ウチのマンション》という言葉をつないだ感覚で「コミュニティ」や「交流」をやり取りするのでなければ実感がないのだから。

 《ウチのマンションの全体》がわかっていなければ「コミュニティ」や「交流」なんて言えないのではないか。
                               ☆
 「コミュニティ」を語るときは、まず相手にこう問いかけるといい。『あなたがお住いのマンションで名前と顔が一致する人は何人いますか?』

| muraitadao | コラム | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること47:年度末】誰が決めたか判らなくても影響だけは永続するマンションの「年度」

うちのマンションの「年度」は何月から何月まで?
こんなことが不可解なミステリーとなるわけは?

 どこかのマンションで「お住いのマンションの年度は何月から何月ですか」と尋ねたとする。《そんなわかりきったことをなぜ?》という人もいるだろうが、一瞬言葉に詰まる人もいるはずだ。

 さらに続けて「では、その年度は、いつ、誰が決めたんですか」と聞くと、聞かれた人の反応はもっと複雑になるだろう。

 マンションの「年度」が何月から何月までかということなら、管理規約で確かめられる。ほとんどのマンションでは標準管理規約にある《管理組合の会計年度は、毎年〇月○日から翌年〇月○日までとする》という簡単な定め方をそのまま使っているはずだからだ。ここまでは、わかりきった話である。

 そう言えなくなるのは、その〇月○日を決めたのがいったい誰なのかという点だ。決めたのは管理組合か。理屈でいえば、そうなる。

 しかし、実情は違う。

 普通「年度」といえば、4月から翌年3月までを指す。世の中の根幹となる公的な仕組みが公的な予算制度による会計年度で決まっており、学校や就職、人事異動などが4月1日付となるからだ。

 そうなれば、マンションの生活もいや応なしに影響を受ける。だから、マンションの年度が10月からとか1月からという4月以外の月からになっていると、細かい点で不都合が生まれてくることが多い。

 その影響は大小さまざまで、実際上は慣れてしまえば何とかなる場合も多いから、こういった年度の決まり方を見直そうというところまで行くことは滅多にない。

マンション管理の仕組みを決める条件は今も同じまま成り立つのか。全戸完売まで何年かかっても

 年度が12か月を前提としているのだから、年度始めと年度末は、きちんと決まっていなければならない。その前提はお金の取り扱いの仕組みという位置づけである。それが証拠には、標準管理規約でも年度は「会計年度」として第7章の中ほどに出てくる。

 言葉としては会計制度の仕組みだが、そのお金を使う事業目的が切り離せないから会計年度は事業年度と一体の仕組みとして考えることになり「会計年度」は単純化して単に「年度」と呼ばれることになる。

 だから「年度」は事実上「役員」任期や取り組まなければらならない仕事のイメージに重なることになる。結局、そのマンションの管理全体につながってくるから「年度」は管理組合全体に関わる最も基本的な条件になる。

 だが、それほどの基本条件は、ずいぶん前に決まった制度の趣旨を今も昔と同じまま生かせる形で実現できているか。

 出来てはいまい。

管理組合成立は全戸完売の時だというが、その全戸完売はいつ?

 売り出されたマンションの管理の主役であり当事者は管理組合しかない。その管理組合は区分所有法によって区分所有者全員の団体とされているが、実際に生身の人間集団として活動する組織として動くためには、やはり全戸完売という状況の実現が欠かせないだろう。

 その点を考えると、いま新築分譲マンションが売り出されても買い手が付かぬまま全戸完売まで中途半端な状態が長引く傾向が目立つのは、とても気にかかる。

 何度もこのブログに書いてきたが、前から、新聞と一緒に届く新築分譲マンションの折り込みチラシのデータを残さず記録し続けている。発売されたマンションのチラシ配布日、配布回数、チラシ記載の物件概要全データを世田谷区、調布市など東京都城南エリアごとに記録している。

 このエリアはいま新築分譲マンションの中心市場となる首都圏の中心地域だから、時たま思い出したようにメディアが伝える東京湾岸エリアの超高層マンションの断片的なニュースなどよりも実情がよくわかる。

 この方法で、全戸完売に日数がかかるマンションの実情が売れ方の一端を紹介しよう。

 地域は世田谷区とだけ書くが、60戸にも及ばないマンションでチラシ配布回数20回、配布期間がこの2月まで1年4か月かかった例がある。このマンションのすぐ近くにあるほぼ100戸のマンションは、10年近く前にチラシを3年近く53回にわたって配布し続けてきた。

 いずれも私の住むエリアの徒歩圏内だから、外観や近隣の様子は目撃してよく知っている。

 全戸完売までこんなに長くかかるマンションの年度は、いったい何月から何月までなのだろうか。その年度は、誰が判断して決めているのだろうか。

 こういうことを、どこかで調査しているのだろうか。
                   ☆
 年度末の3月になると、もう昔からこのことが気になってきた。今年も、また、気にかかる。
 

| muraitadao | コラム | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること46:大学教授】分かっているようで分からない肩書き。マンションにも住んでいるはずだが姿が見えない・・・

大学の先生だから「大学教授」だって?確かにそうだろうが、でも・・・

 大学教授は、今や弁護士と並んで説明抜きで通用する肩書きなのだろうか。

 事件とか事故などのニュースのたびに必ずどこだかの大学教授のご託宣があるが、いったい大学教授というのは、どこで、誰が、誰を対象として、どういうふうに決めているのか。まさか、勝手に決められる肩書きでもないだろうが・・・。

 そういえば、このところ「何とか教授」というのが目につくようになった。「名誉教授」ぐらいは昔から知っているが、「客員教授」とか、「特任教授」とか、「特命教授」とか・・・。

 いったい日本の大学教授は、今どのくらいいるんだろうか。

 そもそも、大学っていくつあるんだろうか。ときどき、この齢まで聞いたこともない大学の名前を聞いて驚くことがあるが・・・。

 ・・・などと思っていたところへ、文部科学省の天下りのニュースで、文科省の何とか局長が早稲田大学の教授になるという話を聞いた。大学教授になるぐらいの人は誰でもそれなりの専門分野に通じているはずだと思うのだが、文科省を退職してすぐ教授になるような人だったら、いったい何の専門なんだろう。・・・。

《天下りに詳しい》と紹介された大学教授が標準管理規約改正検討会で名前を聞いた人だったのに驚く

 そんな気分だったある日、遅めの昼食を取りながら見ていたテレビで、TBSの情報ワイド番組が文科省の天下り問題を取り上げていた。

 そこに何とマンション標準管理規約改正検討会の中心メンバーだった大学教授がコメント役で出てきたのに驚いた。画面の下に《〇○大学院大学教授。天下り問題に詳しい》とあったのを見て、もっと驚いた。

 標準管理規約の改正という、とても影響力が大きくて現実的なマンションの約束事の見直しをした時に「どのくらいマンション管理現場の実情が判っているのか?」と、随分と議論になった大学教授が、今度は《天下りに詳しい》という紹介付きでテレビ番組に出てくるとは、いささか思いがけなかった。

 世の中に想像も付かないことがあるとは、この節いつも痛感してはいたが…。

 なるほど!なるほど!

 標準管理規約の改正に取り組むほど《マンションに詳しい》のだから《天下りにも詳しい》というわけか…。

 なるほど!なるほど!

 そんな大学教授に頼むテレビ局があるから、頼まれる大学教授がいるわけだ。

 なるほど!なるほど!

1500万人以上が住むマンションには大学教授も住んでいるはずだが・・・

 よく分からないものの、大学教授なら何の専門であっても難しい問題にぶつかったとき、普通の人より遥かに手際よく考え方を上手にさばけることは確かだろう。

 ならば、そんな考え方上手の大学教授は、素人集団のマンション管理組合にとっても力強い頼りになるはずだ。

 国交省のデータを見ると全国623万戸のマンションに1530万人が住んでいるともう以前から発表されているのだから、いまマンションに大学教授が住んでいないはずがない。
・・・と思うのだが、実はそこが判らない。

 私は600戸のマンションに40年以上住んで管理組合に関わり続けてきたが、初代の理事長を引き受けて汗を流してくれた理科系大学教授のほかは、そういう人はいなかった。時たま、自分本位の厄介な問題を起こして管理組合の頭痛の種になった某有名私大の教授がいたりしたが、その他には居るのか居ないのか全く判らない。居るのなら、ぜひ知恵を借りて頼りにしたいと何十年も思い続けてきたのだが・・・。
                   ☆
 文科省の天下りニュースで分かりかけたような気がした「大学教授」のことは、やはり分からない。難しい。

 こんなに難しい問題を解く場面こそ大学教授の存在感発揮のチャンスなのに。

 何でもそれらしく謎解き明かす番組を流すテレビが、この難しくて分かりにくい《大学教授》のことを取り上げてくれるといいのだが。

<編集者・注>
〇大学数=779校(国立86校、公立91校、私立600校)
〇大学教員数=18万4248人(学長743人、副学長1299人、教授6万9465人、准教授4万3416人、講師2万1645人、助教4万1844人、助手5836人)
(文部科学省学校基本調査・平成28年度から)
 

| muraitadao | コラム | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること45:外国人】日本人の感覚だけで何でも理解できるとは限らない時代になっている

管理組合のお知らせを英語や中国語で書かなければならないという相談にどう答えるか

 20年近く前、新宿駅南口のコンコースに毎日、中東系の国々の人が何十人も集まっている光景に何度も出くわした。小田急線沿線のマンションに住んでいる人間にとって、日常的になじんでいるこのスペースに大勢ヒゲずらの外国人が集まっている光景は異様としか言えない感じだった。

 ちょうど連日のマンション管理セミナーに明け暮れていたころで、あちこちの管理組合から届く相談や質問の中に横浜の管理組合から寄せられた相談があった。外国人労働者の住まいになった賃貸化住戸の排水管が詰まって放置できなくなった。調べてみたら、いつもたくさん使う油と食材の切り屑などをいっしょに流し続けていたために排水管が詰まってしまったからだとわかった。しかし、当の相手の人々に日本語は全く通じないし、いったいどうしたらいいだろうかという相談だった。

 その後、横須賀ネットの会長だった高尾さんから、管理組合広報の英語化の必要に迫られた管理組合の例を聞いたのもこのころだった。新宿区や川口市のセミナーでは、中国人労働者の多数居住で困り果てている管理組合からのケースも聞いた。

 あれからずいぶん経ったのでどう答えたか今ではもうはっきり覚えていないが、こうしたケースでは在来の法律論が全く役に立たないこと、生活条件の共有から起こった問題にコミュニケーションの問題が重なっているのだから賃貸化した住戸のオーナーに管理会社を交えて意見を交換しながらそのマンション固有の対応を考える必要があると答えたことだけは今でも記憶している。

アメリカの中東入国問題や民泊論議に通じる身近な現実感がマンションにもあるのでは

 テレビや新聞が流す日米首脳会談のニュースがとてもわかりにくい。中東7か国の入国禁止がどうだとかいう話も、前記のようなケースがあるとあながち他人事の感じで聞き流すにしては何だか重すぎる。

 尖閣諸島周辺でのトラブルがニュースに流れ始めたとき、このブログで『マンションは隣人を選べない生活空間である』という意味のことを書いた。こんなことがあっても、隣にある中国との間に尖閣諸島が位置しているという絶対的な状況で起こる事実は目をそらさずに受け止めなければならないと、今も思う。

 いや応なしのこの感じには、分譲マンションで壁一枚、床一枚を隔てて生活する隣人との関係にそっくりではないか。壁の向こう側に住む隣人はいったいどんな人なのか、こちらには全く分からない

 この分からなさは、隣から見た「こちら」にも当てはまることにやがて気がつく。マンションは、良きにつけ悪しきにつけ隣人の影響を受けながら暮らす住まいなのだ。だが、そんなに身近な隣人を選ぶことはまったくできない世界でもある。

 そうであれば、結局のところ、隣人の存在を正面から認めて隣人との関係を重視していくしかない。

 一見して縁遠い海外ニュースが、こういう意味で、分譲マンションの生活にリアルな実感をもたらすのではないか。

 何かというと議論される民泊の問題も、この実感と無縁ではない。少なくとも民泊の問題が外国の観光客増とホテル不足が背景にあり、ゴミの出し方とか騒音が民泊と無関係な隣人に及ぼす影響が問題になっている。その実態の裏側には、こうした『手の届かない隣人』の存在をめぐる生活感覚があると思われる。

自分たちと同じ生活イメージだけで理解しない感覚がマンションには欠かせなくなる・・・

 自分たちと同じ感覚の人だけで暮らすという今までの経験だけで「わかりあえる」という考え方が、何かにつけて問題になる時代になっているのではないか。

 原発事故のあと福島から横浜に移住してきた子のいじめの問題で、横浜市の教育委員会が判断を誤って詫びたニュース。横浜の子だけがいるところで起こったとしても、あれが「単なるいじめではない」などとしか考えきれないレベルの教育委員会も信じがたい話ではある。同じ日本人同士でも横浜と福島という異質感が、あの話と全く無関係であったとは考えにくい。

 ニュースではわからないが、あの話では《いじめた方》と《いじめられた方》のどちらか、あるいはどちらにもマンション住まいの子がいたのではないか。

 日本のマンションには日本人だけが住んでいて、日本語だけで管理組合を動かしていく・・と、単純に考えていられなくなる時代が始まっているような気がする。
                   ☆
 昨夜のNHKニュースで見た世論調査では《トランプ政権の中東入国問題》に否定的な意見が多いということだったが、本当にそうなのか。

 聞く方も答える方も、本当にそうなのか。

| muraitadao | コラム | 09:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること44:天下り】天下られる方には《わかっていない人間に権限がある》ことこそ問題

素人が権限だけはしっかり持っているばかりに天下られる立場の人間は我慢を強いられる

 文科省の何とか局長が早稲田大学の教授になるという天下り。大学教授に役人やジャーナリストのOBが多いことは昔からよく知っているから、別に珍しくも何ともない。今さら驚くほどの話でもあるまいと思うのだが・・・。 

 昭和年代の半ばごろから天下りは、もうまったくありふれた話だった。

 かくいう私は、1955年(昭和30年)から1988年(昭和63年)まで住宅金融公庫に在職した。戦後10年で、やっと落ち着きを取り戻したが住宅ローンなどという仕組みも言葉もなかった時期から高度成長を経た33年間、住宅事情の変遷を目の当たりにしながら過ごしてきたことになる。

 こんな年月を過ごした人間にとって、この33年間は天下られた年数でもあった。総裁をはじめとする役員や部長、課長などから若い係長に至る要所要所のどこかに、いつも建設省や大蔵省からやって来た人たちがいた。

 だから、実感としては天下りの存在そのものは今さらのことでもないという気分だった。朝になれば日が昇る、冬になれば寒くなるのと同じだから、天下りがいたって当たり前、そんなのは別に珍しくもないじゃないかという感じだった。

 だが、そんな中で我慢ならなかったことが一つだけあった。それは、住宅のことを何一つわかってもいないのに権限だけ振り回す人物が多いことだった。霞が関の人たちは、建設省なら、仕事の経験が、まず川で、それから道路、次が砂防・・というのが普通だった。いわば、デパート型の何でも屋だ。

 当然ながら、住宅を詳しく知っているわけではない。まして、大蔵省から来た人は、住宅などまるでわからないのが当たり前だった。

 建設省の天下りの場合、金融のことなど、もう絶望的なほど知識のある人がいなかった。言葉さえ通じないことが連日だったのを覚えている。

 そんな素人同然でも「実はわからないのだが、わかった」ような顔で物事を決めることになる。だから、もっぱら言葉の上の法律解釈だけがわかった顔をするための存在感発揮の命綱になる。

 こうなれば、否応なしに《わかっていない素人が権限を持つ》矛盾した結果が生まれる。でも、結局は、何かが決まることに変わりがない。

 そうした状態であっても「決めたこと」の結果を外部に説明するのは、天下られる立場の人間の役目だ。わかっていない人間が判断して決めたことのつじつま合わせは天下られた人間の役目だった。

 天下りが当たり前の世界には、いつも、そうした忌々しさや不快と嫌悪、納得がいかない不可解さが一体化した空気があった。

 「天下り」という言葉は、今ではもう忘れかかった過去のそういう気分を呼び起こす。

いま住宅金融機構理事長は公募。仕事をやれる人がその立場にいる「はず」の時代になった・・・

 そういう記憶が浮かぶ住宅金融公庫も、制度改革で姿を消して住宅金融支援機構に引き継がれた。それから年数が過ぎて、来月末でもう10年になる。

 その住宅金融支援機構のトップである理事長は、かつての旧住宅金融公庫では総裁という名称で、建設省事務次官の指定ポストだった。

 そういう仕組みだったポストは、いま「理事長」という名称で公募ポストになっている。公募だから、応募する人がいないと成り立たない。状況によっては公募が追加される。その様子がまざまざとわかるニュースを住宅新報がこの1月5日に配信した。

 とても短い記事だから、見出しと記事全文を引用する。

●住宅金融支援機構と土木研究所「理事長職」を追加公募 国交省
 国土交通省は、昨年12月15日までとして公募していた住宅金融支援機構と土木研究所の理事長職について、1月18日まで追加公募する。任期予定は双方ともに17年4月1日〜21年3月31日まで。原則として任期満了時点で70歳未満であること。追加公募期間中に所定の提出書類(履歴書、自己アピール文書、返信用封筒)を現金書留扱いで国交省担当に郵送する。問い合わせ先・国土交通省大臣官房人事課、電話03(5253)8174。

  国交省のサイトを見ると「平成29年1月18日現在 最終応募者数4名」と出ている。結果がどうなったのかは、知らない。
                   ☆
 文科省もこういうガラス張りの方法で決めればよかったのだ。わざわざ説明しにくい組織をはさむような小細工をせず、誰にでもわかる開けっ放しの形で話を進めればよかったのだ。

 公募という方法なら、少なくとも素人が権限だけ持つようなことにはならないだろう。《仕事をやれる人がそれなりのポストにつく》と胸を張って言えるではないか。

問題は「天下り」そのものではなくて「わかっていない人が不相応の決定権を持つ」仕組みにある

 今は求められる仕事をこなせる人がそれなりのポストにつくことは当たり前の時代なのだから、天下りだろうと天上りだろうと、それはポスト変換ルートのパターンに過ぎない。そうでなく、ポストの変換と仕事の対応能力のバランスがとれていないと、とたんに問題が起こる。

 以前の昭和年代には、そうした問題が起こってもメディアも注目しなかったし、社会的な関心も向けられなかった。結局、知られないまま問題は表面化せず、内向してしまうのが普通だった。

 今は、そこが少し以前と違ってきたのかもしれない。今度の文科省天下りのニュースを見ていると、つくづくそんな気がする。
                   ☆
マンション管理の分野では、どうだろうか…。
 

| muraitadao | コラム | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
【語り尽くされていないこと、見逃されていること43:トランプもどき】自分本位の人物が同じマンションに住んでいるような・・・

あれはアメリカの大統領の話だとわかっていても、これほど気になるのは・・・

 また今回もトランプのことを書く。まさか、まさかと思いながら、とうとう、この人物は本当にアメリカの大統領になってしまった。

 気になる夢の記憶が残ったまま目が覚めた朝の気分だ。

 本来なら、誰がアメリカの大統領になろうとこれほど気になる話ではない。ニュースの様子を見ながら新しい大統領の名前を記憶しておくだけですんでいた。

 太平洋戦争中のルーズベルト、トルーマンから始まって、ついこの間までのオバマまで、いつもそうだったから。

 でも、今度は違う。いつもと、明らかに何かが違う。

 何が、どう違うのか。何が、それほど気になるのか。

 今度のアメリカ大統領は、今まで誰も言わなかったようなことをあたり構わずといった感じで、何度も何度も言い立てる。「俺たちが一番だぞ」と、いつもあからさまに言い立てる。「俺の言うようにしないとどうなっても知らないぞ」と言い立てる。

 言いたい放題を言っているようなのだが、ふと気がつくと、それほど見当違いでもないし、むしろ今まで誰もが黙っていたことを声高に述べ立てているような気がすることもある。

 言葉がむき出しで露骨で、支離滅裂のようなのだが、肝心なことがどうなるのかがまったく分からない。

 分からないことばかりだが、大統領の権力の使い方次第では、海の向こうからこちらの方に、いつ、どういう、とばっちりが舞い込んでくるかもしれない。言いたい放題を聞き流すわけにいかない不安がありありと浮かんでくる。

 いったい、トランプってどういう人物なんだ・・・。

いるんだよね、ああいう人が…と思い当たった途端に浮かび上がってくる嫌な感じ、不安感・・・

 具体的なことがわからないのにこれほど気になるのは「オレがオレが」というむき出しのエゴイズム、自分の意見だけの押しつけがましさ、儲けだけしか眼中にない損得感覚が並ぶ辟易感…。だからと言って、そうしたことを述べ立てている人物の存在を否定も無視もできないからだ。

 それなのに、大声で並べ立てる支離滅裂な言い分に動かされている人もいるような気配がして、それが、また気がかりをさらに大きくする。

 ・・・などと考えてくると、こういうタイプの人物は、身近なところにも結構いることに思い当たる。

 「いるんだよねぇ、ああいう人物が…」という嫌な実感がじわじわと浮かび上がってくる。

 その嫌な実感が、トランプ大統領実現のニュースでこんなに気になる理由なのではないかと、改めて思い当たる。

 あまり近づきたくないが、こういうタイプの人物が確かにいて、今までもことあるたびに、とばっちりを被ってきた…。

 そんなのが、かつて戦争中の昔からいたし、今もいる。この先も、きっと出てくるだろう。

 ならば、こういう人がマンションにもいるはずだ。管理組合のメンバーにもいるはずだ。

管理組合が手を焼いているのは もしかすると こんなトランプもどきではないか…

 ここまで考えてきて、今さらながらに思い当たる。

 こういうトランプもどきが、いつも総会で騒ぐのではないか。理事会の頭痛の種になっているのではないか。管理会社の管理員を泣かせているのではないか。

 大半の無関心派はそういうトランプもどきに引きずられて、さも納得できたような顔でうなずいたりするのではないか。

 でも、そういうトランプもどきや無関心派も、物事を決める約束事の上では、過半数とか三分の二とかいう数字の中に、何の区別もなく飲み込まれてしまう。トランプもどきであろうとなかろうと、そんな区別はルールの上では何も関係しない。

 でも、いきなりこうした事態になるわけではない。
                   ☆
 同じマンションに住んで、毎日、同じ玄関や同じエレベーターで顔をあわせているのだから、前触れもなしに突然《トランプもどき》が現れても何とか手を打つ方法があるのではないか。
                   ☆
 マンションは集合住宅だから大勢の人が住んでいる。人が大勢いれば考え方や意見も人の数だけ違う。

 だから、物事を決める前に、まず人の考え方や意見の違いをまず確かめて、それから…。そんな手続きはいちいち言うほどのことでもない。

 区分所有法も標準管理規約の理屈を持ち出すのは、そこを確かめた後だ。

 そう考えないと、同じ法律や管理規約が同じ言葉のまま30戸の小規模低層マンションにも300戸の大規模超高層マンションにも当てはまるという勘違いを引き起こすことになる。

 こんなこと、管理組合の現場で苦労して来た人なら、みんな知っている。

 知らない人は・・・・。

 もうやめておこう。
 

| muraitadao | コラム | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE