村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
夕張の話が他人事といえるか:財政破綻しなくても同じことが起こっていたかも・・・・

 昨8月24日の日経産業新聞の記事を読んで、考え込んだ。『夕張市、住宅建築でも苦境/今年度届出なし/財政破綻、減少に拍車』という見出しで、それほど長い記事ではない。「・・・北海道夕張市で今年度に入って住宅建築の届け出がない状態が続いている。・・・・建築物の確認申請件数は二十三日までに四件あるが、・・・一般住宅はゼロだ。夕張と人口もほぼ同規模の長沼町では、今月初めまでに住宅建築の届け出は十六件にとどまった。・・・」と、この記事は伝えている。

 夕張といえば財政破綻という連想になりやすいが、夕張が財政破綻しなくても、同じ事態が起こっていたかもしれない。現に、この記事は、長沼町という僅少人口地域の住宅建築の少なさを伝えているではないか。もう紛れもなく人口減少時代が始まっているのだ。

人が減れば住宅も要らなくなる。誰も住まない住宅があっても一戸建てならまだしも集合住宅ではどうなるか

 人が減る。だから、その分だけ住宅も要らなくなる。新しい住宅が要らないようになれば、すでに建っている住宅にも要らなくなるところが出てくるだろう。そうなれば、当然、空き家になる。空き家になった住宅は、日が暮れても真っ暗なままだ。

 ・・・・という情景が浮かび上がるのだが、その情景が集合住宅で起こったらどうなるか。一戸建て住宅だって灯りのつかないままだと暗くて気がかりな感じになるが、マンションのような集合住宅なら、この感じはさらに強くなるだろう。建物自体が巨大であって一戸建て住宅とはまるで違うマンションで、夜になって灯りがつかない暗い窓が多くなれば、薄黒いたたずまいの建物の不気味さはひときわ大きくなるに違いない。

すでに地方都市のマンションでは空き家が生まれ始めている。大都市が例外になるとはいえないだろう

 夕張の記事から生まれるイメージは、こう考えていくと、かなり暗くなってくる。こういう読み方を、必ずしも心配のし過ぎとはいえまい。すでに、地方都市の分譲マンションでは、そうしたケースが現実化していると聞く。大都市のマンションなら大丈夫とはいえないだろう。もう、すでに空き家が生まれているマンションだってある。要するに、わからないだけなのだ。実態調査がないから、どうなっているのかは神のみぞ知るということになる。

 分譲マンションで空き家が増える事態の本当の怖さは、まだほとんど議論されていないとしかいえない。空き家が生まれても賃貸マンションなら最終的にはオーナーの裁量で打開策の考えようもあるが、すべてのことを管理組合という集団的意思決定原則で対応しなければならない分譲マンションでは、空き家が生まれると手の打ちようがなくなる。

 空き家が生まれるようになったマンションでは、おそらく維持管理の歯車が逆回転するようになる。維持管理はそれを担う人がいてこその話なのだから、肝心要の人がいなくなってしまったらもう幻も同然になってしまう。猛暑の中で、思い浮かぶ光景は寒々としている。
| muraitadao | コラム | 09:34 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://murai.realestate-jp.com/trackback/456389
次回こそ真の「マンション総合調査」を!
村井氏がマンションでの空き室率の増加が孕む(はらむ)問題を指摘されています(下記記事)。 全国で空き室率は高まっているようでが、実際の数字は分かりません。供給過多の傾向が続いていることからすれば、増加していると想像できるのですが…。 空き室率に限らず
| マンション展望 | 2007/08/25 4:43 PM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE