村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【語り尽くされていないこと、見逃されていること37:選挙】“トランプ大統領”実現が考え込ませる「人を選ぶ」仕組みの意味

アメリカの大統領選挙?それが、どうした?とはもう言えなくなってきたこの気分の重さはいったい・・・

 アメリカの大統領が決まった。そのあとに続くニュースの、もう、何というわかりにくさ、気がかり。

 来る日も来る日もといった感じで何年がかりの選挙運動をしていた間、ここまでいうのかな・・と思うほど口汚く罵り合った人物同士が選挙がすんだと思ったらもうにこやかに握手を交わして、いけしゃあしゃあとお互いを持ち上げる理解不可能な光景。

 ついこの間までいいたい放題にいってきたあれこれの話がたちまち影を潜めた。それどころか成り行きによっては逆転しかねない不気味さ。そういう状態をわかったような顔で《選挙運動中はいろんなことをいいますからねぇ》などとコメントする事情通の奇怪な感覚。

 まだまだ、この先どんなことが出てくるかわかったものではないのだから、この程度のことで驚いたり不安がったりしても仕方がないか・・・。

 それにしても、いったい公約って何だろう。選挙運動中に大声で言い立てていたことは出まかせで口先だけだったのか。

 そもそも選挙って何だろう。投票したい候補者がいなくて、それを我慢すればいくらかはマシと考えられる(次善の人)もいなかったら、《人を選ぶ》という選挙の意味は成り立たなくなるのではないか。

 《任せられる人を選ぶ》方法として常識だと思い込んできた選挙は、果たして最上、最善、最適の方法なのか。選挙がそういう方法として成り立つ条件が揃わなくなったら、選挙に代わる法はあるのだろうか・・・。
                   ☆
 「アメリカの大統領選挙だって?」「それがどうした?」と言っていられるのは、選挙が今までの《常識》どおりに進んでニュースを見た人間があれこれ余計な感想を持たなくてもよかったからだとあらためて気がつく。

 《当たり前だ》と思ってきたことにひっかかるのは、いま見ている事態が《当たり前ではなくなり始めている》からかもしれない。

 とすれば、これからどうなのか。

マンションの役員選びは選挙ではなく順番制で折り合いをつけているのだが・・・

 選挙は《代表選び》だ。正確にいえば、自分たちの判断を任せられる人を選ぶことが目的である。だから、人が集まっていれば、漠然とした《大勢の人》状態から明確に集団的な意思表示をするための代表を決めることが必要になり、そのための方法として選挙が欠かせないことになる。

 あくまでも選挙は「代表選び」の方法として意味を持つのだから、しかるべき代表を選ぶことができるなら、選挙に代わる方法があってもいいということになるだろう。

 ただし、これは組織や集団によりけりの話だ。代表選びといっても同窓会やサークルや会社、地域、国家などによって具体的な考え方はまるで違う。

 ならば、分譲マンションの管理組合では、どうなのか。

 法律によって区分所有者の団体となっている管理組合には、当然代表者が必要になる。役員も欠かせない。いずれも《任せられる人》が必要になるが、そうした人を選ぶ方法はどうなっているのか。

 それを確かめる手がかりとして、国交省の「平成25年度 マンション総合調査」をみると、次のような結果になっている。 ※単位は%。多い順。

●管理組合に「役員の選任方法」を尋ねた結果は 
 ―臠屐72.7 ⇔候補:32.3 推薦:22.8 っ蠢:9.4 イ修梁勝5.4 ι毀澄2.1

●区分所有者に「役員就任への対応(引き受け方」を尋ねた結果は 
 ―臠屬覆蕁47.3  快く:13.3 B召砲い覆韻譴弌9.7 ぐき受けない:5.7 ι毀澄24.0

 昔から管理組合の役員とか理事長はどこでも敬遠される。しかし、何とかしてなり手を見つけなければ自分たち自身が困ることだけ。そのことは何とか知られるようになった。

 引き受け手がいなければ困るので、いない状態を何とかしたいと考えて折り合いをつけるための方法として《順番制》が一番多いことを調査結果が示している。

 誰も引き受けたがらないのだから、もう管理がどうだとか区分所有法がどうだとかいう話は棚に上げて、順番ならお互い様で納得がいくといういちばん下世話な方法に落ち着いた様子が浮かび上がる。

 ただし、管理組合向けの調査では戸数規模や棟別、階数別などで微妙な傾向の違いが分かるのに対して、区分所有者向け調査ではそうした点が全くわからない。また、どこのマンションなのかを確かめられる地域がまったくわからないなどといった不満がある。

 だが、その点を別にしても、日常的な接触機会の多いマンションの組織では《選挙》ではなく《順番》という方法が中心になっていることがわかる。

役員選びはあくまでも「決める」ための方法。「決めたあとどこまで約束を果たせるか」が本当の課題!

 いつも顔を合わせるところでは、選挙ではなく順番で決めるといったマンションの常識には微妙な問題が含まれている。

 まず第一に、この調査ではマンションの規模が大きくなると「順番」の比率が微妙に変わる一方で、立候補制が推薦制よりも多くなる傾向がわかる。戸数規模の大きいマンションでは、順番制の常識が微妙に変わり始めているように思われる。「立候補制」ならば選挙が前提になるわけだから、大規模マンションや超高層マンションでは昔よりも選挙の方がいずれは多くなるのかもしれない。

 だが、大規模戸数とか超高層なら、まだ築年数が浅いマンションだろう。そんなマンションでは管理面の本当の難しさに直面する機会も経験も少ないはずだ。そこを考えると、竣工後年数がまだ少ない時期に現れた選挙志向傾向が年数経過とともにどうなるかはぜひ注目したい気がする。

 しかし、選挙であろうとなかろうと、本当の課題は《選んだ人が選ばれたあとどこまで約束を果たして期待にこたえるか》という点に絞られる。

 その点は、アメリカの大統領も日本の分譲マンション管理組合の理事長も同じではあるまいか。

| muraitadao | コラム | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://murai.realestate-jp.com/trackback/991813
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE