村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【語り尽くされていないこと、見逃されていること54:賛否を問う】YESとNOは「誰に」なのか「何に」なのかで決めた後が大違い?

外国の選挙結果が他人事でなくなってきた理由はいったい何?

 フランスと韓国で、大統領選挙が終わった。アメリカでは、昨年の選挙で新しく大統領になった人物の言動が何かにつけて物議の種になっている・・・。

 外国の選挙が《遠いよその国》の話ではない感じになってきた。別にさしたる関心もないまま聞くともなしに聞いて、そのうち忘れてしまうのが普通だったが、今はちょっと違う。

 成り行き次第で、いつ、こちらに「とばっちり」が降りかかってこないとも限らないというホンのかすかな気がかりが、ニュースを聞く頭の後ろ側に浮かんでくる。

 あながち市井の一市民の取り越し苦労とも言えまい。

 よその国の選挙の話が気になるのには、そういう「とばっちり」の予感に似た感じが絡んでいるせいかもしれない。

 選挙とか国民投票、住民投票という物事を決める仕組みが世界共通になってきたために、手段の共通性が身近な現実感を生んでいるからだろうか。

 誰もがぶつかる厄介な課題。ほとんどの人が関心を持っているのに、意見が分かれて簡単にまとまらない・・・、どうしたらいいか・・・。いったい、みんなどう考えてるんだろう・・・。いっそ、もう聞いてみたら・・・。

 そこで、選挙とか住民投票や国民投票となる。そこまでいかなくても、世論調査やアンケートぐらいにはなるだろう。こんなこと、もうザラではないか。

 となれば、どんな方法であっても、結局のところ《賛成するかしないか》を数だけで確かめるのがいちばんいい。何しろ数には誰も文句をいえないのだから。

でも 何に「賛成か反対か」を問うた後には 途方もない怖さが待ち受けているかもしれない

 《賛成するかしないか》みんなの胸のうちを聞いてみようじゃないか、ということ自体には誰も逆らえない妥当性がある。その結果が数字になれば、もう説得力は絶対なのだから。

 でも、いったい、何に賛成するかしないか》と《誰に賛成するかしないか》とでは、意味がまるで違う。

 「何に」ならば、仕組みを変えることの是非を聞く住民投票や国民投票になる。この点は、大阪都制もEU離脱も変わらない。《物事の決め方を変えた場合、その結果の変わりようを受け入れるかどうか》で賛否が分かれてもめた話の成り行きが決まるのを誰もが承知しているのだから。

 「誰に」ついて問うのなら、選挙だ。「誰に」というのだから《判断を任せる人間の当否》を聞くことになる。

 住民投票や国民投票のように言葉でイメージを説明できることを聞くのなら、仕組みの変更を決めた結果起こることをある程度まで予想しながら賛否を確かめることができる。

 だが、選挙の方はここが違う。「候補となった人についての賛否」を問うのだから、選んだ人の人間性や判断力への信頼が大前提になる。いったん信頼する人を決めた後は、その人の判断には絶対に従わなければならないのだから。

 いまのアメリカがそうだし、これからフランスや韓国もそうなる。

 日本だって、そこは同じだ。

 でも、「何に」を聞くか「誰に」を聞くかの違いがあっても《賛成か反対か》を問われた人の数だけで結果を確かめる点は全く変わらない。方法が違っても「聞く」「答える」プロセスを数だけで展開する制度の構造は同じだからだ。

 選挙も国民投票も住民投票も、結局《問いかけられたことに投票して答える》形は同じであって、答えた結果が数だけに飲み込まれてしまう。老弱男女、強弱、貧富、賢愚、巧拙・・。答えた人を物語るそんな属性はみんな消え失せてわからなくなる。

 考えてみると、これは、とても怖いことではないか。

 その怖さを何とかしたければ、《[聞く]ことの説明に十分な手数をかけ「答える」べきことを考える時間を確保する》しかあるまい・・・・  

マンション管理の現実が「物事の決め方」にあることに現在のルールが対応できる限界が来ているか

 ・・・などと考えているうちに、マンションの管理組合では、この辺のことがいったいどうなんだろうといういつもながらの感想が浮かび上がってきた。

 感想は簡単だ。「選挙」とか「投票」などという手段に言い及ぶのを避けたまま、法的な有効性や賛否の確認手続きが比率によって示されているだけのルール。

 いちばん大事な点がすっぽり抜けて、手順と数字による結果の確認だけが法的な強制力に裏付けられてきたルール。

 《マンションが大邸宅》の意味だという博物館レベルのイメージで考えられていた時代の発想に支えられたルールが、ストック戸数600万戸を超え新旧大小高低、様々となった今も中心になる実情。

 マンションは動物園ではない。様々な人間が大勢集まって住むところだ。至近距離で異なった意見や考え方が絶えずぶつかり合い、誰かが折り合いを求められる世界だ。

 ならば、そうした厄介な実情をどうにかできそうな方向を探り当てて意見の違う者同士が同じ顔ぶれのまま住み続けるためのルールが欠かせなくなる。

 ・・・でも、ここから先はいつもと同じことになりかねない。またにしよう。

| muraitadao | コラム | 14:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://murai.realestate-jp.com/trackback/991831
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE