村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【語り尽くされていないこと、見逃されていること58:投票】YESかNOかをたった1枚で意思表示する仕組みの意味を考える

棄権したことなんか一度もないが、弾む気持ちで投票所へ出かけたこともほとんどない

 都議選挙が告示された。

 いままで一度も棄権したことはないから、7月2日には必ず投票するつもりだ。

 だが、考えてみると、65年の間、選挙で自分の意思表示ができる機会に恵まれた充実感や気分の高揚を経験したことは、ほとんどない。

 選挙が告示されれば、もちろんいつも投票に行く気持ちになっている。

 だが、気が進まないのを我慢して嫌々ながら投票所へ足を運ぶというほどではないものの、《この一票》の重さを確かめるのとは程遠い気分だ。《とにかく投票だけはしなければ・・・》という名状しがたい低迷すれすれの気分は否定できない。

 いつも選挙結果のニュースでは、当落の結果よりも、いったいどのくらいの人が投票所に出かけたのかという投票率の方がはるかに気にかかる。

 だから、当選者が躍り上がってバンザイを叫んだり《国民の皆様の信頼にこたえます》などと興奮気味に語る政治家を見ると、冷え冷えとして醒めた気分になる。

 あれほどの低い投票率で当選したのだから、『支持した人』よりも『支持したかどうかわからなかった人』の方が間違いなく多かったのに、よくも、まぁ、あれほど有頂天になれるものだな・・と思う。

 選挙という仕組みの意味は《適任者を数で決める》点にあるのだから、投票率が低ければ《適任者とみなされたかどうかがわからない》人の割合がそれなりのレベルになっていることははっきりしている。いちばん肝心なことが確かめられていない状態のまま《決まった》ことになってしまう割り切れなさが後を引くことになる。

 さらに《支持した》場合も、選挙の時に投票した人が考えていたとおりに当選者が本当に役割を果たすかどうかは、確かめようがない。すべては、これからだ。当選した後の様子を断片的なニュースなどで見るしか方法がない。

 すべては《支持して投票した人の手が届かないところ》で当選者がやることや言うことを見ているだけだ。橋がない大きな川の向こう側の光景をなすすべもなく見つめ続ける気分に近い。

 もう、やめよう。何だかむなしい気分になってきた。
                   ☆
 今度の都議会議員選挙がそうならないなどということはあり得ない。

 でも、今更それを気にしたって仕方がない。どうなるものでもない。

 だから、7月2日の投票には必ず行く。

投票用紙に名前を書いた人が明日から何をするかがどこまで見通せるか…

 考えてみると、選挙とか投票という仕組みには、わかったようで実はよくわからないところがある。投票用紙に「名前を書く」ことは「その人の考え方を納得して任せる」信任行為だということにはなっても実際にそうなるとは限らないからだ。

 投票用紙に名前を書くのは、その人の過去の評価ではなくて、あくまでも選挙時点で、これからの役割を実現してくれる可能性の予測なのだ。いわば、その候補者が「考えてくれそうなこと」「やってくれそうなこと」という期待が含まれた予想を一枚の紙に託して投票することになるのだが、本当のところ、予想は予想でしかない。

 ただ、その予想は候補者の経歴とか公約とかを手掛かりにしものとなる。

 絵にかいたような経歴のエリート官僚出身の、さも有能そうな人物が当選した後、人の目に見えないところで聞くに堪えないほど口汚い罵詈讒謗(ばりざんぼう)を重ねるなどということは誰も予想しない。

 手掛かりとしてわかることが「何とか大学を卒業して何とか省のエリートだった」とかいう経歴だけで、その人物の人間性については何も手がかりがない状態でもそれは誰も気にしない。素晴らしいキャリアの人が口汚く金切り声で狂乱状態になって当たり散らすなどとは、誰も予想しない。

 でも、実際には、予想しなかったようなことが起こる。

 そうした形で、予想はやはり予想でしかなかったことを思い知ることになる。

 選挙や投票の本質に隠れている予想という要素の読み切れなさを、今まで、もう何十年も選挙のたびに思い知らされ続けてきたよな気がする。

選挙、投票という仕組みの弱さ・マンションでは果たして大丈夫か

 選挙とか投票という仕組みに隠れている、こういう不安は、どんな場所であっても基本的には同じだろう。分譲マンション管理の仕組みの当事者となる管理組合の組織運営でも同じはずだ。

 ただ、少し違うのは、選挙とか投票という仕組みで投票が意思表示の手段として成り立つ前提である。どんな場合も、投票する人は誰もが《同じマンションに住んで生活条件を共有する》からだ。《ウチのマンション》という共通する生活条件が、マンション管理の仕組みでは選挙や投票に特有の意味を持たせることになる。

 しかし・・・。

 この前提は、同じマンションに住む人同士が、お互いに認識しあっている状態が実現していなければならない。なのに、顔と名前が一致しないとか、どんな仕事をしているのかわからないといった状態でこの前提が成り立つのか。

 わからなくなってきた。

| muraitadao | コラム | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://murai.realestate-jp.com/trackback/991835
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE