村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【語り尽くされていないこと、見逃されていること66:民泊】管理組合の実感からは程遠いのに早々と標準管理規約改正とは・・・

標準管理規約の改正ってこんなに早くできるのかと驚いた。それにしても何とまぁ・・・

 8月29日、国交省が標準管理規約の改正を発表した。この日は北朝鮮のミサイル報道の物々しさにあふれていた日で、どの新聞もテレビも標準管理規約の改正など流さなかったから、危うく知らずじまいになるところだった。

 北朝鮮のICBMに比べたら標準管理規約の改正などにニュースバリューのかけらもなかったということだろう。

 それにしても、今度の標準管理規約改正は、驚くほど早かった。何しろ昨2016年(平成28年)3月に発表された直前の改正が2012年(平成24年)1月から4年がかりという未曽有の長年月を要する経緯をたどったからだ。この改正ではコミュニテイの考え方などに、かなりの論点があった。肝心の管理組合次元でそうした論点の議論はおろか問題認識さえまだまだ不十分な状態の中に、前回改正から1年そこそこで、もう早々と後を追うような改正が発表されたことになる。

 それかあらぬか、今度の改正についての国交省の発表文を見ると、何とも,まあ素っ気ないものだった。『住宅宿泊事業に伴う「マンション標準管理規約」の改正について』と題された発表資料の冒頭には、次のような3行ほどの前文がある。

――本年6月に住宅宿泊事業法が成立したことを踏まえ、分譲マンションにおける住宅宿泊事業の実施を可能とする場合及び禁止する場合の規定例を示す「マンション標準管理規約」の改正を本日行いましたので、公表します。

 まことにあっさりとそう書いた後の「1背景・経緯」の中には、こんな部分が出てくる。引用が長くなるが、どうしても気になるので関連部分を紹介する。

――分譲マンションにおける住宅宿泊事業を巡るトラブルの防止のためには、住宅宿泊事業を許容するか否かについて、あらかじめマンション管理組合において、区分所有者間でよく御議論いただき、その結果を踏まえて、住宅宿泊事業を許容するか否かを管理規約上明確化しておくことが望ましいと考えられます.・・・

 何とまぁ、他人事めいた感じの言い方だろうか。

たださえ厄介な問題が多いのに「民泊」まで持ち出されたら“区分所有者間の御議論”どころではなくなる・・・

 そもそも今度の改正は、いま大小新旧、様々なマンションで管理組合が直面している実情はいっさい棚に上げて「民泊」だけに焦点を合わせた内容であるところに、不可解な違和感がとても大きい。どこまで実情がわかっているのか、非常に気になる。

 民泊、民泊としきりに言うが、そんなに全国のマンションに広がっているのか。

 民泊は、一部の地域の、一部の限られた問題ではないのか。

 マンションで民泊がそれほど火急な対応を迫られる問題になっているのか。

 民泊よりももっと優先する事態はないのか。
                   ☆
 今度の改正の発表文を見ると、1年前に改正された標準管理規約の第12条だけが改正されている。全体ではない、こういう部分的な形の改正は初めてだが、それは、まぁいい。

 細かいことをここで書く気は全くないが、この第12条というのはまことに古くからのなじみのある条文だ。(専有部分の用途)と題した条文は「区分所有者は、その専有部分を専ら住宅として使用するものとし、他の用途に供してはならない」とあるだけの簡単な条文である。

 コメントも相応にシンプルだから、これもそのまま紹介しておく。

――《コメント》住宅としての使用は,専ら居住者の生活の本拠があるか否かによって判断する。したがって利用方法は、生活の本拠であるために必要な平穏さを有することを要する。

 このコメントには前回の改正から△箸靴橡塾話調慙∋項が加えられたが、それ以外は昔からここにあげた内容が一字一句変わっていない。

 ちなみに、ここに紹介したものは1994年(平成6年)8月発行の縦書きのものから引用した。(1994年8月・住宅新報社発行・中高層共同住宅標準管理規約の解説。この第1刷は1987年・昭和62年)

 つい数年前まで、標準管理規約のことについて話す機会は数え切れないほどあったが、いつもこの条文については、かなり言葉を選んで慎重に語ってきた。

 自分自身が住む600戸のマンションはもちろん、どこのマンションでも《専有部分を専ら住宅として使用する》という言い方がつねに物議のタネになる厄介千万な実情を見続けてきたからだ。

 そうした実感と上記の引用を考えても、ついこの間に発表された改正は、20年以上にわたって管理組合を悩ませてきたこの問題に、あっと驚くほど、いとも単純な形でけりを付けてきたことに驚くばかりだ。

いっそマンションに住む国交省の職員を対象に民泊の実情を調べてみては

 でも、本心を言えば、こんなに長い間苦しみ続けてきた課題に今度の改正できちんとした答えが出たとは全く思わない。むしろ、逆に、新しい論争のタネが増えたような気する。

 《専有部分を専ら住宅として使用する》という言い方と実情のギャップに視線を向けないまま、いとも簡単に「民泊」だけに焦点を当てた考え方は、もしかすると「寝ていた子を起こす」結果になったのではないか。

 その上、管理規約でYESかNOかをはっきりさせるように言いながら、新築マンションではペット飼育などと同じレベルの使用細則で対応してもいい、というのもよくわからない。まさに《ああ言ったり、こう言ったりする》感じに見えて仕方がないが、そのわかりにくさをどう説明するのか。
                   ☆
 で、ひとつ提案を。6万人近いと聞く国交省の職員の中にもマンションに住む人は必ずいるだろう。そういう職員を対象にしてマンションの実情を調査してもらえないだろうか。そんなに民泊が広がっているのかどうか、管理規約の改正ですぐ対応できるような状態なのかどうか、確かめてほしい。自省の職員に聞くのであれば、この方法でストレートにわかるのではないか。

| muraitadao | コラム | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://murai.realestate-jp.com/trackback/991843
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE