村井忠夫のマンション管理ブログ

村井忠夫のマンション管理ブログ
【44年の実感で「マンションの管理」を考える 28】日本で2番目に小さい市のマンションに住んできた一市民のコミュニテイ実感

この暑さの中で市長選挙。市長がセクハラさえしなければなかったはずの選挙って、いったい・・・

 天気を熟知しているはずの気象庁が、とうとう「災害」並みの認定を打ち出すほど異常な暑さ。その暑さの最中のこの前の日曜日に、市長選挙があった。

 都庁出身の市長がセクハラ批判で急にやめてしまったおかげで、予定外の選挙となった。セクハラなんかしていない・・・と抗弁したようだが、結局、やめる羽目になった。

 何だかあいまいで、事情がさっぱりわからないままの選挙だった。

 市長はやめるという意思表示を確かにしたが、政策上の問題があったということはなかったらしいから、セクハラという言葉だけがやたらに目立つ感じになった。

 わかりにくいことばかりの中ではっきりしていたのは「辞める」ということだけだった。しかし、本当に《辞める》時期はボーナス支給の時期に入ってから・・という話が新聞の地域面に出ていたとかいうことも聞いたが、実際はどうだったのか。一市民のこちらに肝心のことが何もわからないもやもやした不快感が残った。

 日本中で下から二番目に小さいという超ミニシティのローカル選挙だから、結果はすぐ出て、元副市長が当選とわかった。

 何となく着古した洋服にまた浮かない気持ちで袖を通すの似た感じがする。手間、暇、費用をかけて確かめた結果を見て「やれやれ、どうにも、これでは、この先も・・」という気分だった。
                   ☆
 そう言えば、財務省の偉い役人がセクハラで急に辞めたというニュースは、ついこの前だった。このニュースで辞めたのは次官だったという。旧大蔵省の次官がどれほど偉いかは、天下られた時代に余すところなく確かめさせてもらった。思い出したくもない記憶が今もありありと浮かび上がってくる。

 それに比べれば、今度、急に辞めたのはちっぽけな市の市長だ。都庁の役人だったそうだから、地味ながら実務的には手堅い仕事をしていたのだろうと思うが、正直なとろ、よくわからない。

常識のない人間が影響力のある地位につく不可解さが生まれる理由は「非常識欠陥の隠し上手」か「非常識を全く考えていない仕組み」か

 セクハラは「やってはならないこと」という意味で、人間として当たり前の常識である。財務省の次官とか市長でなくても、人間ならすべての人に当てはまる常識中の常識だ。こういう常識を「道徳」という言葉で語るのが好きな人も多いらしいが、それは棚に上げておこう。

 いずれにせよ、そんなわかりきったことが問題になったという事情だけがはっきりしていて、何か政策上の問題があったのかどうかは全く分からないままの選挙だった。なけなしの費用と汗だくのエネルギーを投じた選挙の意味は、今もってさっぱりわからない。

 そんな選挙をやったのは、いったいなぜだったのか。

 大人なら誰でも心得ている常識があるかないかは、表から見ただけではわからないことが多いから、今度のことは予想外で意表をつくように起こったことが、まず一つの理由だろう。まさかあの人があんなことをやるとは・・・、まさかあれほど優秀な人があんなことをするはずがない・・・と、誰もが思ったに違いないし・・。

 この予想外の感じは、財務省次官の場合も市長の場合も変わらない。

 セクハラ、セクハラでやたらにニュースが流れる理由の一つは、たぶん、このまさかにあるだろう。「まさか」の意外性がテレビの視聴率を上げ、週刊誌の売れ行きを伸ばすわけだから。

 では、セクハラのニュースに「意外性」が生まれるのはなぜか。

 簡単に言えば、《あり得ないと思っていたことが実際に起こった》という驚きがあるからだ。そして、それは《あり得ない》と思ってきたこれまでの考え方が大きく揺らぐからだと気がつく。

 財務省の次官なんて偉い人がまさかそんなことを・・といくら思っても、やはりホントにやっていたと見えて、やめてしまった。市長なんてちょっと違う人が、あんな・・・、といくらいぶかっも、やはりはやめてしまった。

 結局、ああいう人は隠し方がうまいんだね、というのがオチだろう。それとも、そんなことはまるで考えていない仕組みのせいだろうか。

 そう言えば「セクハラ罪という罪はないじゃないか」という、もっと偉い人が語った話もニュースで見たな・・。

 わからないことばかりだが、一つだけはっきりしたのは「信用がなくなる」というのはまさにこういう成り行きで生まれるという点だった。聞いたこと、見たことを素直に受け取らず「ホントにそうなのか?」という疑わしさに時間をかけるという形で信用の薄らぎが進んでいく場面を、いま目撃しているのだろうか。

世の中のことはマンションでも必ず起こる。そうであれば、マンションの 生活次元の論議でも・・・

 もう30年ぐらい言い続けてきたことがある。

 生活インフラを共有するマンションでは、世の中で起こることが、すべてそのまま起こる。いいことも悪いことも、嬉しいことも悲しいことも、安心なことも怖いことも。

 選挙のたびに政治の姿に向ける信頼性がますます薄くなってきた、この感想はマンション管理の実情にも決して無縁ではあるまい。

 マンションの コミュニケーションがどうだとかいう議論も、こうした信頼度の薄らぎ方が必ず影響するはずではないか。
                   ☆
 ここまで考えてきた日に、日経朝刊の経済教室で《タワーマンションの未来》というテーマが始まったのを知った。

 今日は、まず平山洋介さんの見解をじっくり読んだ。いくつもの感想があるが、それは、このテーマの見解をあと2回分を読んだ上で、次回のブログに書きたい。

| muraitadao | コラム | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://murai.realestate-jp.com/trackback/991873
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 【番外】11年目。公開遺言のつもりでブログを書き続けます
    マンション・チラシの定点観測 (11/26)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下 義男 (12/07)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    村井忠夫 (11/23)
  • 文庫本より重くて330ページもある箱入りの「東京防災」という本が届いたが、さて・・・
    尾下義男 (11/23)
  • 2年半ぶりでメンバーも変わって再開のマンション管理検討会、たった1か月で結論を出すとは・・・・
    とおりすがり (04/24)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    村井忠夫 (09/06)
  • 最新の「マンション総合調査」から読めること、読めないこと
    まるーべり (09/06)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    村井忠夫 (06/26)
  • 都議ヤジ問題の本当の理由は議員の当事者感覚の貧しさ
    ポリス (06/26)
+ RECENT TRACKBACK
  • 「沈黙は賛成じゃない」という論理。選挙や総会では?
    マンション管理の情報屋。。。 (09/22)
  • マンションの中の喫茶店が話題になる・・・・:マンションの共用空間の新しい意味をもっと考えていいのではないか
    神園良輔の『マンション展望』 (05/05)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • マンガ説明入りの規約解説本があってもいいじゃない?でも実際には簡単にいかないけどね
    マンション管理士情報ナビ (05/27)
  • 女児マンション転落事故のニュースが浮かび上がらせたこと:どこのマンションでも同じことが起こる可能性にどれだけの人が気づいているか
    MANSIONS-COMMUNITY blog (04/15)
  • 「億ション」は最高が1億円なのか、最低が1億円なのか、それとも・・・:管理の基本原則は何億円でも関係ないが
    マンション展望 (02/16)
  • 「美しい国」で、これ以上「美しくないこと」が起こらないように:もっと集合住宅に住む不安を減らすための議論を
    マンション展望 (12/01)
  • 8年前の2月、国会でマンション管理をめぐる史上初の議論が行われた。そして、昨日の朝刊には・・・
    NONブログ (11/27)
  • 書名は買い手にとって本のすべて。本の名前と内容はなるべくなら、あまり違わない方がいいと思うのだが・・・
    高層マンション (08/27)
  • 新しい住宅が建たなくなったというニュースの怖い連想:暗い窓ばかりのマンションが思い浮かぶ・・
    マンション展望 (08/25)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE